次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューに移動します。

生物多様性の保全

私たちの企業活動は、土壌、大気、水、動植物などからなる自然資本から提供される様々な生態系サービスに依存しています。一方、生物多様性は、世界各地で様々な危機に瀕しており、国際的な枠組みであるSDGs(目標14、15)の達成のためにも、企業は生物多様性の保全と生態系サービスの持続可能な利用が求められています。
クボタグループは「生物多様性の保全」をマテリアリティの一つとして捉え、企業活動や製品・サービスの提供、社会貢献活動において、自然資本に与える影響をふまえ、生物多様性の保全や自然環境の保護に配慮するようつとめています。
これらをふまえ、環境保全中期目標2025から各拠点の特色や事業内容に合わせた生物多様性保全活動の目標設定を開始し、その活動の進捗状況を確認しています。

SDGsの達成に向けた活動

関連するSDGsとターゲット
14.海の豊かさを守ろう,14.1,15.陸の豊かさも守ろう,15.1,15.2,15.4,15.9,15.a,2.飢餓をゼロに,2.4,6.安全な水とトイレを世界中に,6.3,7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに,7.a,9.産業と技術革新の基盤をつくろう,9.4,12.つくる責任 つかう責任,12.2,12.8,12.a,13.気候変動に具体的な対策を,13.1,13.3
主な活動内容
  • 生物多様性の保全活動の推進
    • 稚魚放流、サンゴの再生ボランティア、植樹活動、野生鳥獣の保護
    • 事業所構内や周辺の緑化や美化活動
    • 社会貢献活動(クボタeプロジェクト)
  • 排水、排ガス、廃棄物の適切な管理・削減による自然環境の保全 など
2025年活動目標(KPI)
  • 環境保全中期目標2025:
    • 事業所内の緑化やビオトープの設置などを通して、自然環境の保護と生物多様性の保全を推進する。
    • 社会貢献活動として地域の自然環境保護や生物多様性の保全を推進する。

生物多様性保全の考え方

クボタグループは、環境保全の基本5項目の一つとして「生物多様性の保全」を定めています。2009年12月に「クボタグループ環境基本行動指針」へ生物多様性に配慮した企業活動を織り込みました。また、2010年に環境大臣へ提出した「エコ・ファーストの約束」の中でも、生物多様性の保全のための活動を推進することを掲げています。

生物多様性保全の考え方

クボタグループは、「生物多様性の保全」を環境保全の基本5項目の一つとし、企業活動や製品・サービスの提供、社会貢献活動において、自然資本に与える影響をふまえ、生物多様性の保全や自然環境の保護に配慮するようつとめます。

【主な取り組み内容】
  1. 企業活動
    1. 設計開発段階では、製品環境アセスメントを実施し、自然資本に与える影響評価を実施します。
    2. 調達段階では、サプライヤーへ「グリーン調達ガイドライン」を提示し、生物多様性への配慮を要請します。
    3. 生産・物流段階では、事業所の操業や物資の輸送にともなう環境負荷低減や環境リスク管理につとめます。
    4. 環境マネジメントの一環として、従業員への環境教育や意識啓発を実施し、生物多様性の価値と保全活動の重要性に対する認識を深めます。
    5. 環境コミュニケーションの一環として、生物多様性保全に関する取り組みなどの情報発信につとめます。
  2. 製品・サービスの提供
    1. 低燃費や排出ガスのクリーン化など、環境負荷の少ない製品・サービスの提供により、生物多様性への影響低減につとめます。
    2. 汚水処理や廃棄物処理などの水環境ソリューションの提供により、動植物の生息・生育環境の改善に貢献します。
    3. スマート農業や環境に配慮した都市基盤整備などに寄与する製品・サービスの提供により、生態系サービスの持続可能な利用に貢献します。
  3. 社会貢献活動
    1. 社会貢献活動「クボタeプロジェクト」の耕作放棄地再生支援活動や里山・森林の保全活動などを通して、自然環境の保護を推進します。
    2. 事業所構内や周辺の美化・緑化や地域の動植物保護を推進します。

生物多様性との関わり

事業所での取り組み

1. 水源地の清掃活動に参加

クボタ東北支社では、仙台市の官民連携事業「青下の杜プロジェクト」に参加し、水源林の森林保全活動を実施しています。
2020年度は水源涵養林の伐採作業や、落ち葉回収を行いました。

2. 荒廃竹林の伐採活動に参加

株式会社クボタケミックス小田原工場では、環境省が提唱した地域循環共生圏づくりプラットフォーム事業を小田原市と協力して実施しています。
2020年度も他社とも協力し荒廃した竹林の伐採を行いました。

3. 工場敷地内での植樹活動の実施

2020年6月、SIAM KUBOTA Metal Technology Co., Ltd.(タイ)は、工場敷地内の植樹活動を実施しました。活動には77人の従業員が参加し、110本の木を植樹するなど、工場の緑化につとめています。

事業所構内での緑化の推進

  • 筑波工場 構内緑化

    多様な樹木を植樹し、工場敷地内に森を作っています。

    みどりの森
  • クボタエンジンアメリカ 構内緑化

    チェリーやりんごなどを植樹し、バード・フィーダーを設置しています。

    構内緑化
  • 枚方製造所 屋上緑化

    地域の景観向上に貢献するよう、屋上に緑地を設けています。建物の省エネルギーにも効果を発揮しています。

    屋上緑化
  • 本社 屋上庭園

    コミュニケーションスペースの一部に緑地を設け、市街地で虫や鳥などの生き物の住処や中継地となっています。

    菜園ボックス
  • 堺製造所 壁面緑化

    堺製造所北側道路面の塀を工場側にセットバックし 植栽・壁面緑化を行っています。

    堺製造所
  • P.T. クボタインドネシア 構内緑化

    環境への貢献と構内の景観向上のため、植樹や花壇づくりを行っています。

    構内緑地
  • クボタプレシジョンマシナリー(タイランド) 構内緑化

    役員も含め従業員が参加して、工場敷地内の緑化活動に取り組んでいます。

    構内緑地
  • クバンランドグループ UK Ltd 構内緑化

    敷地内のスペースに果樹を植え、従業員が休憩時間に自然を楽しむことのできる空間にしています。

    構内緑地
  • クボタアグリカルチャルマシナリーインド 構内緑化

    工場敷地内のスペースに植樹し、緑化活動に取り組んでいます。

    構内緑地