次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューに移動します。

健康経営の基本方針

こころと体の健康は、いきいきと働くための基盤であり、従業員とその家族の幸せに欠かせない大切なものです。従業員の健康を大切にする風土を醸成し、一人ひとりが心身ともに健康を保ち、いきいきと働き続けることができる職場づくりを通して人財力を高め、企業としての持続的成長につなげることが、重要な経営課題であると認識しています。

クボタグループ健康宣言

クボタグループは、従業員一人ひとりがいきいきとした働きやすい職場環境で心身の健康を保ち、能力や個性を発揮して働くことにより、従業員とその家族の幸福を実現するとともに、事業活動を通じて食料・水・環境の課題解決に貢献することを宣言します。

株式会社クボタ 代表取締役社長 北尾裕一

健康経営推進の考え方

1.めざす姿

従業員が心身共に健康で生きがいや幸福を実感(Well-being)できるようにすることと、働き甲斐のある職場環境を実現することによって組織のパフォーマンスを最大化し、クボタのめざすESG経営に貢献することをめざします。

2.健康経営の目的

病気による従業員の長期休務を防止するだけにとどまらず、従業員が能力を発揮できる心身の健康を保持増進するとともに、創造性や生産性の高い職場環境を実現することで、会社の持続的な成長基盤を構築することを目的としています。

3.具体的取り組み事項

生活習慣病やがんを防止するための適切な生活習慣づくり、メンタルヘルス対策の推進、早期発見・早期治療のための健康診断や健康指導の充実、外部専門機関と連携した健康相談体制の構築や休務者支援の充実、働きやすい職場環境の整備、年休取得の促進や過重労働の防止、従業員が取り組みやすい健康づくり活動の充実などを進めていきます。

クボタグループ健康基本方針

  1. クボタグループは、従業員が自身の健康のためにヘルスリテラシー(健康意識・知識)を高め、予防のための生活習慣(禁煙・適切な食事・運動習慣など)を維持向上することをサポートするとともに、健康診断による病気の早期発見と適切な事後措置に取り組みます。
  2. クボタグループは、従業員一人ひとりが能力と個性を発揮し、いきいきと働きやすい職場環境をつくるため、従業員の健康を大切にする職場風土を醸成し、コミュニケーションの活性化や職場での健康づくりに取り組みます。
  3. クボタグループは、クボタグループ各社とクボタ健康保険組合が協働して実施するコラボヘルス活動を通じて、生活習慣病、メンタルヘルス、がんなどの対策に継続して取り組みます。

健康経営推進体制

健康経営推進部を事務局としクボタ健康保険組合、労働組合、産業医、人事勤労部門等関係部門、各事業所、各グループ会社が連携し健康課題に取り組みます。

健康課題への取り組み

課題 取り組み内容 アウトプット指標 アウトカム指標 期待する効果
生活習慣の予防 保健指導 保健指導完了率 指導対象者率低下 生活習慣病・がんによる長欠者低減
健康クボタ21 健康クボタ21参加率 BMI適正率向上
禁煙外来 禁煙外来参加者数 喫煙率低下
健康マイレージ 健康マイレージ参加率 運動習慣保有率向上
がんの早期発見
早期治療
がん検診 がん検診受診率 要精密検査受診率向上
要精密検査該当者フォロー
メンタルヘルス疾患の予防 ストレスチェック高ストレス者のフォロー 医師面接指導と看護職補助面談実施率 高ストレス者率低減 メンタルヘルス疾患による長欠者低減
メンタルヘルス研修 メンタルヘルス研修参加率
働きやすい職場環境づくり ストレスチェックで集団分析での総合健康リスク値
各指標(実数推移)

(%)

2018年 2019年 2020年 コメント
喫煙率 32.7 32.2 31.4 喫煙率は年々下がりよい傾向にあるが、運動習慣の低下により体重が増加し、適正なBMIを維持できているものが減少している。
運動習慣率 37.9 32.9 33.8
BMI適正化率 72.4 71.6 69.4
各指標(基準年*を100とした推移)
2018年 2019年 2020年 コメント
生活習慣病・がん
長欠者指標
100 102 74 生活習慣病・がんでの長欠者指標は減少傾向にあるものの、メンタルヘルス長欠者指標は増加傾向にある。
メンタルヘルス
長欠者指標
100 113 113
  • 総休務日数/総労働日数で率を出し、2018年を100として推移を表記。