次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューに移動します。

クボタのSDGsへの貢献

地球と人の美しい未来を支える企業として、SDGsの目標達成をめざします

国連サミットで合意された「持続可能な開発目標(通称SDGs)」には、2030年に向けて世界をより良く変えるための17の目標が掲げられています。クボタは美しい地球環境を守りながら、人々の豊かな暮らしを支えていくことを企業理念としており、私たちがめざす先は、SDGsが掲げる目標と同じであると考えています。クボタグループは、社会と企業の持続的な発展に向けて社会課題の解決に貢献しながら、世界が目標に掲げるSDGsの達成にチャレンジしていきます。

世界を変えるための17の目標SDGsとは

SDGsとはSustainable Development Goalsの略称で、日本では「持続可能な開発目標」と訳されています。2015年9月の国連サミットでSDGsは、「誰一人取り残さない世界」の実現に向けて、150を超える加盟国首脳の参加のもとに合意されました。ゴールとして設定された2030年に向けて「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」などの17の目標と各目標の内訳となる169のターゲットが掲げられています。

SDGsの各目標とクボタの取り組みとの関係性

クボタの取り組みとSDGs

事業を通じたサステナビリティ

事業そのものを通じて持続可能な社会の発展に貢献し、人々の豊かな暮らしを支える。

  • 食料分野への取り組み

    農業の効率化によって、豊かで安定的な食料の生産に貢献

  • 水環境分野への取り組み

    水インフラの整備によって、安心な水の供給と再生に貢献

  • 生活環境分野への取り組み

    社会基盤の整備によって、快適な生活環境の創造と保全に貢献

事業の土台を担うサステナビリティ

クボタの事業を支える地球と共存するために、環境への影響にも配慮する。

環境保全への取り組み

美しい地球環境を守りながら、人々の豊かな暮らしを支える

私たちは食料・水・環境領域において事業を展開し、人々の豊かな暮らしを支えるとともに、それを担う地球環境にも配慮し、環境保全活動を推進しています。SDGsやパリ協定などのさまざまな社会動向をふまえ、環境保全に関する中長期目標を策定したクボタは、環境経営の取り組みを通じて持続可能な社会の発展に貢献していきます。

  • 気候変動への対応

    事業活動にともなう温室効果ガス排出量を削減や省エネルギー化などによって、気候変動の緩和と適応に取り組みます。

  • 循環型社会の形成

    ものづくり企業として製品を作る責任・使う責任を果たし、循環型社会の形成に貢献するために、廃棄物の発生量削減や社内再生・再利用、リサイクルを推進します。

  • 水資源の保全

    年々増え続ける世界的な水の需要に対応するため、水使用量の削減、排水処理や排水水質の適正な管理など、水資源の有効活用や水リスクへの対応を推進します。

  • 化学物質の管理

    人の健康と環境への影響を最小化するため、生産拠点の塗装工程から排出されるVOC(揮発性有機化合物)の削減をはじめ、化学物質による環境への負荷削減を推進します。

  • 生物多様性の保全

    企業活動が自然環境や生態系に及ぼす影響をふまえ、生物多様性の保全や自然環境の保護に配慮した取り組みを推進します。

  • 環境配慮製品・サービスの拡充

    環境に配慮した製品・サービスを実現するため、設計・開発段階で製品環境アセスメントを実施し、製品のライフサイクル全体で環境配慮を推進しています。

社会との関わり

クボタが社会の一員としてステークホルダーとともに歩み、持続可能な社会の実現に寄与する。

クボタは事業を展開する世界各国・各地域の文化・習慣を尊重し、現地コミュニティとの信頼関係の構築に努めています。また、事業活動を通じて社会に貢献するだけでなく、ステークホルダーの皆様の理解と協力を得ながら、企業活動を展開しています。これからも国際社会・地域社会の一員として、地域コミュニティ、お客様、取引先や株主の皆様、そしてグループの従業員との関わりを大切にしながら、共に歩み、持続可能な社会と地球を支えていきます。

  • 地域社会との共生

    各国・各地域の文化・習慣を尊重し、地域コミュニティとともに企業活動を行い、持続可能な世界に向けた社会貢献活動を推進。

  • お客様との関わり

    お客様の期待を超える製品やサービスをスピード感を持ってお届けし、全世界のお客様から信頼されることで、最も多くの社会貢献をなしうる企業をめざす。

  • 取引先との関わり

    取引先との共存・相互発展をめざし、サプライチェーン全体での品質・生産性向上を推進。

  • 株主・投資家との関わり

    持続的成長と中長期的な企業価値の向上を実現するため、株主・投資家の皆様との建設的な対話を促進。

従業員との関わり

多様性・創造性を尊重し、安心して働くことができる職場づくりを推進する。

従業員は企業の大きな財産であると私たちは考えています。従業員の安全・安心を確保するのはもちろんのこと、従業員の多様性・創造性を尊重し、誇りや喜びを実感しながら働ける、活気に満ちた職場づくりをグローバルで推進しています。

ガバナンスへの取り組み

企業運営の健全性・効率性・透明性のさらなる向上とリスク低減に努める。

私たちは企業理念に基づき、クボタブランドを「グローバル・メジャー・ブランド」として確立するという長期目標を達成するために企業運営の健全性、効率性、透明性をより向上させていきます。法令遵守の徹底はもちろん、リスク低減を図るため、コーポレートガバナンスへの取り組みを強化していきます。

美しい地球環境と人々の豊かな暮らしが両立された持続可能な社会へ向けて

事業を通じて社会の発展をめざした創業者・久保田権四郎の強い想いを受け継ぎ、クボタは食料・水・環境という人々の生活に欠かせない領域の事業を展開し、社会課題の解決に貢献しています。私たちはこの事業活動そのものがSDGsと深く関わっているものであると考えています。美しい地球環境を守りながら、人々の豊かな暮らしをこれからも支えるために、私たち一人ひとりがまだ見ぬ社会課題を先駆けて捉え、持続可能な社会基盤を構築できるように行動し続けます。

クボタとSDGsムービー

関連情報

統合報告書(KUBOTA REPORT)

KUBOTA REPORTは、ESG経営を基軸としたクボタの長期ビジョン・中期経営計画を中心に、財務・非財務情報を統合的に紹介しています。