次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューに移動します。

ガバナンスへの取り組み

企業運営の健全性・効率性・透明性の
さらなる向上とリスク低減

経営の最重要課題と位置づける長期安定的な企業価値向上のために、経済価値・社会価値・企業価値のバランスを取りながら、企業全体のプレゼンスを高めることが重要と考えています。クボタは売上や利益だけでなく、最も多くのお客様から信頼されることによって、最も多くの社会貢献をなしうる「グローバル・メジャー・ブランド」をめざすという長期目標を達成するために、コーポレートガバナンスのさらなる強化に向けた取り組みを推進。企業運営の健全性・効率性・透明性の向上、および内部統制システムを構築し、適切なリスク管理に努めています。

クボタが取り組むガバナンス体制の強化

持続可能な企業運営をめざして

  • 経営環境への迅速な対応、経営の透明性向上のためにコーポレートガバナンス体制を強化

    クボタは経営環境への迅速な対応や、経営の透明性を向上させるため、コーポレートガバナンス体制の強化に取り組み、以下のような企業統治の体制を採用しています。

    • 取締役会:戦略的な意思決定と執行役員による業務執行の監督
    • 監査役会:取締役の業務執行の監督と監査
    • 執行役員会:執行役員の業務執行状況の確認および迅速かつ適切な経営の判断の実施
    • 経営会議・審議会:特定の重要課題について意思決定や審議を行う
    • 指名諮問委員会・報酬諮問委員会:取締役候補者の選任、取締役の報酬制度の在り方および報酬水準等に関し、社外取締役の適切な関与・助言を得ながら審議を行う
  • リスク低減に向けた内部統制システムの運営活動

    クボタでは事業活動の一環と位置づけて、内部統制システムによるリスク管理活動に取り組んでいます。「リスク管理活動は事業活動の根幹である」という認識のもと、財務報告の信頼性に関するリスクなど、全社共通の項目を洗い出します。そうして「不備があれば直ちに修正する」という地道な改善を継続して行うことで適切なリスク管理に努めています。

    クボタが経営上で直面する可能性のある重大リスク

    1. 財務報告の信頼性に係る内部統制
    2. 公正取引や環境保全、安全衛生等の会社の基本機能に係る内部統制
    3. 設備関連法規遵守や輸出入管理等のコンプライアンスに係る内部統制

    リスク低減に向けた主な取り組み

    • 内部統制システムの運営活動(リスク管理活動)
    • 内部通報制度『クボタホットライン』の運用
    • 財務報告の信頼性確保
    • 独占禁止法/競争法の遵守
    • 下請法の遵守
    • 不正支払防止
  • 社内外のさまざまな知識や意見を取り入れ、企業価値向上を推進

    より良いサステナビリティ経営および企業価値向上に向けて、クボタでは外部有識者や社内外のステークホルダーとのコミュニケーションを活性化する場を設けています。例えば、外部有識者とのダイアログの開催や社外取締役の事業理解を深め、適切な経営判断を実施。また、国内外の事業所・子関連会社の視察などを通じて、さまざまな知識や意見、評価を企業価値向上に向けて積極的に取り入れています。

  • 情報セキュリティへの継続的な取り組み

    お客様をはじめとするステークホルダーの個人情報の適切な保護や管理、自社の技術情報などの機密情報流出の防止。これらは重要な社会的責任であるとともに、自社の競争力を確保するために非常に重要です。クボタは情報の種類によって、それぞれ主管部門を定め、海外も含め「ルールの整備」「監査」「啓発」などの活動を継続して実施しています。

公正で誠実な活動を行い、信頼・評価され続ける企業をめざして

世界を変えるための17の目標「SDGs」の達成に向けて

国際社会の共通目標として、2015年に国連サミットで決議された「持続可能な開発目標(SDGs)」には、17の目標が設定されています。クボタはガバナンスへの取り組みを通じて、このうち「平和と公正をすべての人に」「パートナーシップで目標を達成しよう」の2つの目標に貢献できると考えています。

「For Earth, For Life」を掲げるクボタは、環境保全活動を一層活性化させ、人々の豊かな暮らしを支えながら、美しい地球環境を守り続けます。

関連情報

KUBOTA REPORT

ステークホルダーの皆様に向けた、クボタグループの事業・CSR・環境保全活動の内容を網羅した総合レポートです。