次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューに移動します。

安全・健康対策

お客様満足のためには、従業員満足が欠かせません。従業員が、安全に安心して働けることはもちろんのこと、誇りや喜びを実感しながら働ける、働きやすさと働きがいのある職場づくりを進めています。
海外についても、世界共通の行動規範である「クボタグループ 行動憲章・行動基準」をベースに、各国・各地域の状況もふまえながら、海外拠点への監査やヒアリングを実施し、グループ全体の従業員関連施策の底上げを図っています。

安全に働ける職場づくりを推進

安全に、安心して働くことのできる職場を構築するために、2013年4月制定の「クボタグループ 安全衛生基本理念」で掲げた理念に基づき、事業に関わるすべての人が「安全最優先」で行動することを徹底しています。
加えて「安全最優先」の具体的な3つの指示事項が社長から示達されています。
「設備の本質安全化推進」「作業の安全化推進」「安全を支える人材育成の強化」「健康的な職場環境の維持向上」を取り組みの柱とする中期計画(2018年度~2022年度)を立て、目標である「A種災害*ゼロ」の達成をめざして各種の対策を推進しています。

  • 「 A種災害」とは、機械装置による挟まれ・巻き込まれなど重大災害につながる可能性のある、以下の10種類の要因による災害。
    ①高熱物との接触等、②重量物との接触等、③機械装置による挟まれ・巻き込まれ、④高所からの墜落・転落、⑤フォークリフト・車両との接触等、⑥農機・建機等の製品による転倒・接触、⑦感電、⑧飛来・落下、⑨有害物質による急性中毒、⑩爆発・火災
クボタグループ 安全衛生基本理念

『クボタグループには人命を犠牲にしてまでも、遂行しなければならない業務は存在しない。』
それを実現するために、事業にかかわる全ての人が「安全最優先」で行動することを基本理念とする。

安全最優先
  • クボタグループの事業にかかわる全ての人は、災害から自分の身を守るために、決められたルールを遵守し、「安全最優先」で行動すること。
  • 経営幹部は、「安全最優先」を肝に銘じて事業運営に当たり、最前線としての現場を重視し、現場に耳を傾け、「現場は自分を映す鏡」であることを心に刻むこと。
  • 職制の皆さんは、重篤災害に繋がるリスクを見逃さず抽出し、その対応に真摯に向き合うとともに、本音で安全が語れる職場風土づくりと、安全を支える人材育成に取り組むこと。

クボタグループの中期計画(2018年度~2022年度)の目標と主な取り組み項目

2022年度を最終年度として目標を定め、主に以下の項目に取り組んでいます。

目標:A種災害ゼロ

<主な取り組み事項>

  1. 設備の本質安全化推進
    1. 「機械のリスクアセスメント」を全ての新設設備について運用する。
    2. 既存設備について、「設備本質安全化ガイドライン」で 定めた目標レベルへの対策を完了する。
    3. 設備異常そのものの再発防止に取り組む。
  2. 作業の安全化推進
    • 改定を行った「作業のリスクアセスメント実施要領」に基づき、実際の作業と実施要領に添付の「A種災害未然防止ポイント集」とを照らし合わせ、A種災害につながるリスク抽出の漏れを無くす。
  3. 安全を支える人材育成の強化(クボタ安全人間づくり)
    1. 全従業員が「安全人間基本ガイドライン」にある「1日の基本サイクル」を、習慣として実行できるようにするための活動を推進する。
  4. 健康的な職場環境の維持向上
    1. 粉じんモデル職場で改善実績を蓄積し、他事業所・他職場への水平展開を行う。

クボタグループ安全人間ガイドライン・安全人間基本ガイドライン

中期計画(2018年度~2022年度)の達成に向けた2019年度の取り組み状況

中期計画の達成に向け、2019年度は下記取り組みを実施しました。

  1. 既存設備の「レベルⅡ」と新規設備の「レベルⅢ」の達成〔国内グループ6社、海外グループ16社〕
    設備をレベルⅠ~Ⅳの安全度に区分した「設備本質安全化ガイドライン」に基づき、レベルⅡに達していない既存設備については、全てレベルⅡにする実行計画(5ヵ年)を立案し達成に向けた活動を推進しています。新規設備については、2017年度に改訂した「機械のリスクアセスメント」により、導入時からレベルⅢとなるような運用を行っています。
  2. 設備異常そのものの再発防止取り組み〔国内グループ全体〕
    発生した設備の異常に対し、異常の「見える化」による再発防止を進め、異常時に設備を止めないことによる災害の撲滅を図る活動を推進しています。
  3. 作業のリスクアセスメント活動の推進〔国内グループ全体〕
    各製造所・工場部門にて、リスク抽出能力の向上と残留リスクの低減対策促進を目指して改定した「作業のリスクアセスメント実施要領」の教育を実施し、A種災害につながるリスク抽出の漏れを無くす取組みを推進しています。
    また、製造現場で実作業を見ながら外部コンサルタントからリスク抽出のポイントについて指導を受ける指導会を開催し、A種災害につながるリスク抽出能力の向上を図っています。
  4. 「安全人間基本ガイドライン」の定着に向けた取り組み〔国内グループ全体〕
    全従業員が『常に「安全人間基本ガイドライン」を守る』ということが習慣となり、この習慣が組織風土となることの実現に向け、社内報への経営層メッセージの連載による啓発活動を行っています。
  5. 「安全作業の教え方」による教育〔国内グループ全体〕
    階層別教育の中で、作業の具体的な教え方と習熟度の確認・評価の方法を明記した「安全作業の教え方」によって、作業者が担当業務について理解しやすい指導が受けられ、危険の回避方法や、その方法を守らなければならない理由を理解した上で安全に作業ができるよう、教育を行っています。
  6. 健康的な職場環境の維持向上〔国内グループ全体〕
    全事業所の状況について2回/年の頻度で測定を行い、詳細な状況を継続して把握しています。対策について好事例のものについては水平展開を積極的に図りグループ全体で維持向上に努めます。

2020年度のクボタグループ安全衛生目標

2020年度の目標については下記と明確に定め、全社を挙げて安全な職場づくりを推進しています。

目標:A種災害ゼロ

〔重点実施事項〕

製造所・工場部門
  1. 設備の本質安全化
  2. 作業の安全化
  3. 安全人間づくり
  4. 衛生管理の推進
  5. クボタグループ安全衛生マネジメントシステムの運用
  6. 海外生産子会社への対応
建設工事部門
  1. 安全人間づくり
  2. 作業の安全化
  3. 設備の本質安全化
  4. 衛生管理の推進
  5. 環境管理の推進

安全に関する啓発

経営層からのメッセージ配信や各種会議の機会を通じて、安全に関する啓発を行いました。

  1. 経営層からのメッセージの配信
    「クボタグループの安全に対する思い」や「安全人間*」をテーマとした経営層(執行役員)のメッセージを、社内報及び社内イントラネットで配信し、安全への意識浸透を図りました。
  2. 各種会議の開催
    日本国内では、製造所・工場部門の安全衛生担当者を対象とした担当者会議(9月)と安全衛生担当課長を対象とした課長会議(11月)を開催しました。
    担当者会議は現場でのA種災害につながるリスクの抽出漏れを無くすことを目的とし、課長会議は中期計画の達成に向けた取組みの振り返りと次年度の方針策定を目的として開催しました。また、建設工事部門の責任者を対象とした建設工事安全衛生責任者会議(4月、11月開催)は、部門をあげて行う工事着手前のリスク抽出と低減対策立案の仕組みづくり、及び現場第一線の作業所長の能力向上を目的として開催しました。
    海外では、アジア地区(9月)と欧州地区(12月)のグループ会社の安全衛生・環境管理の責任者会議を環境管理部と共催しました。
    現場パトロールを通じて自らの拠点・現場で課題を発見し、改善策を立案する力の養成を目的として開催しました。
    北米地区(8月)では、2019年から現地のグループ会社主体で進めるものとして、各拠点の活動とマネジメントの優良事例を自拠点で展開することを目的として開催しました。
  3. 社外コンサルタントによる現場指導会の開催
    国内工場部門を中心に安全衛生及び製造担当課長・担当者・監督者などのメンバー参加のもと、安全の第一人者である安全と人づくりサポート代表の古澤登さんによる「A種災害につながるリスク抽出能力向上をめざした現場指導会(9月・12月)」を開催しました。
    「A種災害につながるリスクを見切るための視点」や「現場のやる気と知恵を引き出すコミュニケーション」などの「現場的リスクアセスメント」の実施方法について現場で指導を受け、危険の観方(みかた)と巡視方法について学びました。
  • アジア地区 安全衛生・環境管理担当責任者会議(2019年9月3日、4日)

  • 古澤登氏(写真右から1人目)による「A種災害につながるリスク抽出能力向上をめざした現場指導会(2019年9月25日、12月19日)

休業災害度数率/強度率

  • 休業災害度数率(クボタ単体)

    <休業災害度数率>
    休業を伴う労働災害による死傷者数÷延べ実労働時間数×1,000,000

  • 強度率(クボタ単体)

    <強度率>
    延べ労働損失日数÷延べ実労働時間数×1,000

2019年度の安全衛生教育の実施状況

新入社員(雇入れ時教育)をはじめ、各階層に安全衛生教育を実施。

製造部門
教育名称 実施回数 延べ人数
新入社員教育 5 355
初級(若手社員向け) 6 165
準中級(中堅社員向け) 3 75
中級(職場リーダー向け) 2 50
新任班長研修 3 55
新任作業長研修 4 70
新任職長研修 1 10
製造部門以外
教育名称 実施回数 延べ人数
新入社員教育 2 170
キャリア採用者
雇入れ時安全衛生教育
12 110
設備安全教育 11 95
管理職昇級者研修 1 130
新任役職課長研修 4 65
新任役職部長研修 1 20
役員対象教育
(安全・環境・品質フォーラム)
1 30
  • 「役員対象教育」以外の「延べ人数」は、5を単位として数字を丸めています。

労働安全衛生マネジメントシステム 認証取得拠点

従業員の安全を確保し、安心して仕事に集中できる職場を提供するため、下記事業所でOHSAS18001/ISO45001の認証を取得するとともに、その他の拠点においてもリスクアセスメントを中心とする労働安全衛生マネジメントシステムを構築しています。

日本国内
筑波工場 2000年12月
OHSAS18001認証取得
京葉工場 2018年11月
ISO45001認証取得
(2002年12月OHSAS18001認証取得)
市川工場 2018年11月
ISO45001認証取得
(2002年12月OHSAS18001認証取得)
阪神工場(武庫川) 2003年11月
OHSAS18001認証取得
阪神工場(尼崎) 2005年4月
OHSAS18001認証取得
枚方製造所 2019年4月
ISO45001認証取得
(2007年6月OHSAS18001認証取得)
海外
Kubota Materials Canada Corporation 2012年8月
OHSAS18001
認証取得
SIAM KUBOTA Corporation Co., Ltd. 2019年9月
ISO45001認証取得
(2014年1~2月
OHSAS18001認証取得)
Kubota Baumaschinen GmbH 2019年6月
ISO45001認証取得
(2014年7月
OHSAS18001認証取得)
SIAM KUBOTA Metal Technology Co., Ltd. 2019年11月
ISO45001認証取得
(2014年12月
OHSAS18001認証取得)
KUBOTA Engine(Thailand) Co., Ltd. 2019年7月
ISO45001認証取得
(2015年7月
OHSAS18001認証取得)
Kubota Farm Machinery Europe S.A.S 2017年2月
OHSAS18001認証取得
KUBOTA SANLIAN PUMP (ANHUI) CO., LTD. 2019年6月
ISO45001認証取得
Kubota Construction Machinery (Wuxi) Co., Ltd. 2019年11月
ISO45001認証取得
Kubota Engine (WUXI) Co., Ltd. 2019年11月
ISO45001認証取得

海外で働く従業員のリスク低減に向けた取り組み

クボタグループは、国際的な医療・セキュリティ専門会社の協力のもと、海外で働く駐在員とその帯同家族および海外出張者のリスク低減に取り組んでいます。
海外渡航先におけるセキュリティ情報の収集・分析を行い、国内外のグループ社員に情報発信をしているほか、医療面では、海外滞在先から電話による医師への医療相談や緊急時の医療搬送手配などに24時間365日対応する体制を敷いています。