次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

Kubota For Earth, For Life

Japan

クボタ・アクティブ・ラボ

第51期 「仮想空間に旅立とう」〜見て触れて体験共有しよう〜

テーマ 「仮想空間に旅立とう」
〜見て触れて体験共有しよう〜
2018年
実施日 2018年8月25日(土)
講師 杉浦 正吾 氏
(株式会社杉浦環境プロジェクト 代表取締役社長)
玉城 絵美 教授
(H2L,Inc.創業者 早稲田大学准教授)
実施場所 株式会社クボタ 東京本社
参加者 23名
主催 朝日新聞社
協賛 株式会社クボタ

内容

未来を担う若者を対象に、科学や技術への関心を高めてもらうことを目的として実施している「クボタ・アクティブ・ラボ」。
今年のテーマは「バーチャルリアリティー(VR)」です。

持続可能な社会のために何ができるか、世界の新たな「ものさし」として注目されているSDG'sの学習推進に力を注ぐ杉浦正吾氏と、世の中を大きく変える技術として期待が集まるバーチャルリアリティー(VR)の研究者である、玉城絵美教授の二名を講師にお迎えし学びました。
当日は23名が参加。首都圏を中心に、VR、SDG'sに興味のある方々が多く参加して下さいました。


第一部では杉浦氏から「SDG'sとは何か?」、玉城教授から「今後のVRの可能性について」二つの講義が実施されました。
SDG'sにおいて日本はどのような問題を抱えているか?一方で現在の科学技術を駆使してどのように社会課題の解決ができるか?一例としてVRの可能性について学びました。

講義後は、ハフポスト日本版編集長の竹下隆一郎氏を迎えてのワークショップ。
班毎に「社会課題解決につながる技術」を自由な発想で考えていきました。
果たして、参加者からはどんなアイデアが出てくるのでしょうか?


講義で学んだ「SDG'sとVR」に関する知識をヒントに話し合いを進めていき、下記のようなアイデアが出てきました。
『バーチャルソーシング、VRを活用したクラウドソーシングを実現し、より高い質の教育を目指す。』
『レシートに食品情報(生産地、消費期限など)を記載したQRコードを印刷し、専用のアプリで読み込むことで、自分の食品消費量を計算してくれるシステムを作成し、食品ロス削減を目指す。』
など、思わぬ発想の数々に、会場には驚きの声が響いていました。


講義・ワークショップ終了後は、懇親会を行いました。
参加した高校生は、違う班だった人だけでなく講師とも積極的に交流を深めて、連絡先を交換したりしていました。


杉浦氏、玉城教授、参加された皆さま、お疲れ様でした。

ページの先頭へ

株式会社クボタ

KUBOTA REPORT 2017

茯帥腴眼御