次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

Kubota For Earth, For Life

Japan

クボタ・アクティブ・ラボ

第48期 ユビキタス・コンピューティングを東京大学で学ぼう!〜紙の電子回路で、新しい農業が芽生える〜

テーマ 「ユビキタス・コンピューティングを東京大学で学ぼう!
〜紙の電子回路で、新しい農業が芽生える〜」
2015年
実施日 2015年8月2日(日)
講師 川原 圭博 准教授
(東京大学大学院情報理工学系研究科)
実施場所 東京大学駒場Iキャンパス「21KOMCEE」
参加者 58名
主催 朝日新聞社 朝日カルチャーセンター
共催 東京大学教養学部附属教養教育高度化機構
協賛 株式会社クボタ

内容

未来を担う若者を対象に、科学や技術への関心を高めてもらうことを目的として実施している「クボタ・アクティブ・ラボ」。
学習者が積極的に学ぶ「アクティブ・ラーニング」という手法を取り入れたプログラムを実施しています。

今年のテーマは「ユビキタス・コンピューティング」。情報ネットワークがご専門で、自らベンチャー企業も立ち上げ、その実用化にも取り組んでいる東京大学大学院情報理工学系研究科・川原圭博准教授を講師にお迎えしました。
当日は、58名が参加。宮城や広島から参加した高校生もいて、熱心に授業に参加していただきました。


会場となった東京大学駒場汽ャンパスの「21KOMCEE」は、アクティブ・ラーニング推進を目的に作られた教室です。
第一部では川原先生から「『モノのインターネット』を使った世界の測り方」の解説をお聞きしました。
私たちの生活には既にたくさんのセンサが周りで使われていること、そしてそれがもっと安価で大量に使われると、世界が劇的に変わるということを学びました。
続いて、特殊な銀インクを使って、簡単に作成できる電子回路作りのワークショップに取り組みました。


第二部ではTA(Teaching Assistant)として参加した大学院生も加わってグループワークを行いました。
未来はどんな世界になっていて、どんな課題があるかを予想し、センサ技術でどう解決できるかをディスカッションしました。
最後はグループ毎に意見を発表。自由なアイデアが活発に飛び交いました。


参加した高校生は、東京大学で初めて顔を合わせる仲間たちとともに有意義な学びの場を過ごしました。
川原先生、参加された皆さま、お疲れ様でした。

ページの先頭へ

株式会社クボタ

KUBOTA REPORT 2017

茯帥腴眼御