次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

トップメッセージ

SDGsを羅針盤とし、「グローバル・メジャー・ブランド クボタ」実現への道を進んでまいります。


 クボタは、1890年(明治23年)の創業以来、水道用鉄管による近代水道の整備、農業機械による食料増産と省力化など、暮らしと社会に貢献するさまざまな製品を世に送り出してまいりました。今日、世界は人類の生存に欠かすことができない食料・水・環境の分野で多くの課題を抱えています。食料・水・環境を一体のものとして捉え、優れた製品・技術・サービスを通じて社会の課題を解決し、地球と人の未来を支え続けることが私たちの使命と考えます。
 現在、クボタグループは「グローバル・メジャー・ブランド(以下、GMB)」の実現をめざしています。それは、単に売上や利益で世界のトップになることではなく、「最も多くのお客様から信頼されることによって、最も多くの社会貢献をなしうる企業(ブランド)」になることです。
 2015年に国連は、国際社会の共通目標として「飢餓をゼロに」、「安全な水とトイレを世界中に」など17に及ぶSDGs(持続可能な開発目標)を決議しました。SDGsがめざす方向性は、「For Earth,For Life」を標榜し、食料・水・環境分野において世界への貢献を果たす「GMBクボタ」がめざす方向性と同じであると認識しております。
 また、現在の事業の推進だけではなく、SDGsへの取り組みを通じて、新たな事業機会を獲得し、CSR経営をレベルアップすることは、「GMBクボタ」の実現に大きく寄与すると考えています。
 国・地域・部門を越えてクボタグループが一丸となって、今まで以上にお客様や社会から信頼される企業をめざしてまいります。
 今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2018年3月

株式会社クボタ 代表取締役社長

木股 昌俊

関連情報

クボタグループの製品・サービス、そして社会に対する使命・役割を様々なメディアでご紹介いたします。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。