MENU

技術系 選抜型2DAYSワークショップ

世界人口の増加による食料不足・環境汚染の問題、新興国の経済成長によるインフラ需要の拡大など、いま世界は解決すべき課題とビジネス環境の変化に直面しています。
クボタはトータルソリューションカンパニーとして、これら「食料・水・環境」の世界的課題をどう解決していくのか。今回のプログラムを通してクボタの明日、世界の明日を考えてみませんか?
こちらのワークショップでは、クボタの研究開発について知って頂くコンテンツやグループワークだけでなく、社員との交流から、業務イメージも持っていただけるようなコンテンツを予定しております。

※下記の実施概要をご確認の上、お申し込みください。

実施概要

実施概要

日程 (1)2023年12月14日(木)~12月15日(金)
(2)2023年12月21日(木)~12月22日(金)
※いずれも2日間で、プログラムの内容は同様です。
別途、1月~2月に工場見学も予定しております。詳細は確定次第、ご案内いたします。
形式 オンライン
※工場見学は対面で実施予定
応募資格 理系全学部全学科対象。2日間連続で参加できる方。
募集人数 各日程60名程度(予定)
宿泊・交通費 工場見学の際は支給あり
(海外在住の場合は、日本国内の宿泊・交通費のみお支払い。)
※詳細は確定次第、ご案内いたします。

プログラム内容(予定)

プログラム内容(予定)

【1日目】 クボタの事業紹介、役員講演、グループワーク、懇親会
【2日目】 グループワーク&発表・講評、フィードバック、技術系社員との座談会

グループワークを中心に、多くの社員とお話しできるプログラムです。
昨年の参加者の98%もの方から、ワークショップに満足したという声を頂きました。その中から感想の一部をご紹介します。

<ズバリ!満足した理由を教えてください!>

  • 講義を通して、技術開発本部の役割や「クボタのモノづくり」の考え方を学ぶことができました。また、グループワークを通して、貴社の製品や海外への事業展開について学ぶことができました。他の学生から熱意を感じ、負けられないという思いが湧きました。
  • 利益や費用を考慮しながら新規事業を立案するのは難しいものでしたが、メンバーと協力しながら知恵を組み合わせ、自分一人では考えられないような案を創造できたときには非常に達成感を感じることができました。
  • 特に技術部社員の方との交流は楽しくもあり勉強できる機会であったと思います。一つの製品に対して様々な部品や試験に携わることができること、現行製品の改善から新規製品の開発まで、若いうちから経験を積めることを知りました。
  • 素敵な方々に囲まれた2日間だったと思います。そして、クボタで実現したい社会貢献を明確化することができました。クボタに関して、あらゆる面から理解することができたため大満足です。
  • 社員の方々からお話を伺う中で、会社として理念を掲げているだけではなく、社員にも価値観が浸透している部分が特に素晴らしいと感じました。社員の人柄がとても良いと感じ、楽しく仕事をする中でも積極的に挑戦されている姿勢がうかがえました。

応募の流れ

応募の流れ

STEP 01

エントリー

◆ 右上の「Internship Entry」ボタンより、エントリーし、マイページを立ち上げてください。

STEP 02

エントリーシートの提出

◆マイページの「インターンシップエントリーシート(共通)」 より、エントリーシートを提出してください。

※応募区分は「技術系2DAYSワークショップ 希望する日程」を選択してください。
エントリー後の変更は受け付けません。必ず上記の実施概要をよくご確認の上お申し込みください。

STEP 03

エントリーシートの提出締切

2023年10月4日(水)応募締切

STEP 04

選考

書類選考を通過した方には、面談選考に参加頂く予定です。

STEP 05

参加者の決定時期

11月上旬を予定


皆さんのご応募をお待ちしております!


KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。