MENU

RECRUIT

  • 選考について
  • クボタについて
  • 財務・経理系について
  • 生技・製造系について

選考について

選考について

エントリー方法について教えてください。

当社の採用HPやナビサイトからプレエントリーして頂くと、マイページから各種採用イベントの情報や選考に関する詳細がご確認いただけます。

セミナーの予定と参加方法を教えてください。

各種セミナー情報はマイページからご確認・お申し込みいただけます。興味のある方はご参加ください。なお、参加の有無は選考に一切影響しません。

勤務地限定の応募は可能ですか?

当社のスタッフ職(総合職)採用は、海外を含む転勤が前提となっておりますので勤務地限定での応募は受付けておりません。

職種別の採用は実施していますか?

「財務・経理系」および、「生産技術・製造系」の職種別採用を実施します。
「財務・経理系」はこちら
「生産技術・製造系」はこちら

先輩社員に会えますか?

個人情報保護の観点から、個別のお問い合わせによる先輩社員の紹介は行っておりませんが、セミナーにて社員と直接話せる機会を設けておりますのでぜひ活用ください。
また採用HPにも多くの社員の働き方を掲載しておりますのでご覧ください。
社員紹介はこちら

理系でも文系職種に応募できますか?

文系・理系問わず事務系、財務・経理系としてご応募いただけます。

学校推薦を取りたいのですが?

求人対象校(技術系のみ)については、就職課または就職担当教授に求人をお願いしております。
求人の有無や詳細については、就職課または就職担当教授に直接お問い合わせください。

大学の研究内容とはまったく違う分野に応募できますか?

はい。但し、技術系および生産技術・製造系は募集学科を指定しておりますので、「募集要項」をご確認下さい。

外国籍ですが、応募できますか?

はい。日本の大学に留学している方も、外国の大学に在籍している方も、安心してご応募下さい。
先輩社員が多数、活躍しております。

海外留学生の選考時期は国内と同じですか?

海外留学生については、国内と同じです。
ご不明な点がございましたら(kbt_g.recruit@kubota.com)までご連絡ください。

クボタについて

クボタについて

配属はどのようにして決まるのですか?

配属については、職種・事業等の希望を確認した上で、本人の適性や事業ニーズに応じて会社で決定させて頂きます。

転勤はどれくらいの頻度であるのですか?

原則5年以上、同じ職務での勤務にならないよう、職務ローテーション※を行います。
※職場内の担当職務・担当エリア・担当先などの変更もローテーションと見なします。

海外と関わって働く可能性は高いですか?

グローバルにビジネスを展開していますので、事務系、技術系を問わず、海外出張や海外への転勤の機会があります。また、現地に駐在しなくても、海外出張に行ったり、日常的に海外と関わる業務があります。

入社後すぐに海外で働けますか?

新入社員が配属と同時に海外赴任することはありません。
国内で仕事の基本を学んでいただき、本人の適性を見極めてから赴任するケースが大半です。
海外出張は、部署にもよりますが1年目から行く社員もいます。

処遇について教えてください。

募集要項」採用データをご覧ください。

業務内容について教えてください。

募集職種については、「募集要項」のページをご覧下さい。また、先輩社員の働き方については、「社員紹介」をご覧下さい。

環境問題への取り組みについて教えてください。

当社企業ホームページ「環境保全活動」のページをご覧ください。

財務・経理系について

財務・経理系について

なぜ財務・経理系で職種別採用を行うのですか?

海外事業の拡大に伴って、経営状況を客観的に判断でき、数字面から事業を支える財務・経理系社員の必要性が増しています。一方で、財務・経理系志向の強い学生の方が多くいることが、近年の採用活動を通してわかってきました。そこで、財務・経理系志向が強く、且つ、優秀で意欲のある方の採用に結びつけたいと考えています。

財務・経理系の業務とはどのようなものですか?

大きく分けて「経営管理・企画」業務と「財務・経理」業務とがあります。「経営管理・企画」業務は、営業や製造部門等と関わりながら、事業計画策定などを通じて、会社または事業の進むべき方向性を考え、実行に移す仕事です。「財務・経理」業務は、決算業務、税務、資金繰り等を行い、企業活動を専門性で支える仕事です。

クボタの財務・経理系職種には何か特徴がありますか?

当社の財務・経理系部門は、単なる計算部門ではありません。社長、事業部長をはじめとする経営幹部のスタッフとして会社を一つの方向にまとめ、事業の発展・拡大を推進する重要な役割を担っている点が、大きな特徴と言えます。従って、当社の財務・経理系社員には、専門性に加え、高いリーダーシップと責任感が求められています。

入社後のキャリアパスについて教えてください。

最初の配属部門で3~5年、財務・経理系業務の基礎を学ぶことになります。財務・経理系職種では、全社業務を行う経営企画部や財務部、または事業部の企画部門、工場の管理・経理部門、国内外にある子・関連会社の財務・経理系部門などへの配属・異動を通じて、業務経験の幅を拡げ、キャリアアップを図ります。

海外勤務はありますか?

大いにあると考えてください。国内で業務の基礎を学んだ後、意欲・適性のある方は、海外に派遣し、業務を行って頂きます。
入社5年目前後で海外に派遣されるケースもあります。海外での事業拡大に伴い、海外の子会社や関連会社における財務・経理系社員に対するニーズは年々高まっています。

入社後の処遇には何か違いはありますか?

財務・経理系部門へ配属されることが決まっている以外は、事務系採用と同じ処遇です。入社後の新入社員研修を経て、財務・経理系部門へ配属となります。
給与・賞与、各種福利厚生関係、教育体系などについても事務系採用と変わりはありません。

経済学部や商学部出身でないと採用されないのですか?

採用要件とはしません。
当社では、経済学部・商学部以外の学部を卒業した財務・経理系社員が多数活躍しています。

財務・経理系職種別採用でも、外国籍の学生は応募できますか。

はい。事務系・技術系採用と同様、大歓迎です。当社では、外国籍の財務・経理系社員も活躍しています。

財務・経理系採用の求める人財像は事務系・技術系の人財像と違いはありますか。

違いはありません。詳細は「求める人財像」をご確認ください。問題意識をもち、「数字」や「会計等の専門性」を武器に、グローバルで活躍したい人財を積極採用します。

生技・製造系について

生技・製造系について

なぜ生産技術・製造系で職種別採用を行うのですか?

事業の拡大に伴って、製造面から事業を支える生産技術・製造系社員の必要性が増しています。一方で、生産技術・製造系志向の強い学生の方が多くいることが、近年の採用活動を通してわかってきました。そこで、生産技術・製造系志向が強く、且つ、優秀で意欲のある方の採用に結びつけたいと考えています。

生産技術・製造系の業務とはどのようなものですか?

工場設備の開発、生産ラインの構築を行い、製造現場と一体になって、製品の量産化を図る仕事です。導入コストを最小限に抑え、作業者が作業しやすい環境をつくりながら、生産性を向上させる重要な役割を担います。また、海外工場の立ち上げや、技術支援を行うなどの活動も展開しています。

クボタの生産技術・製造系職種には何か特徴がありますか?

当社の生産技術・製造系部門は、製造設備の能力向上や作業性向上などにより、生産性向上、原価低減、品質向上対策等を行っており、工場の収益を担う中心的な部門です。当社において関係部門と一体となって事業の発展・拡大を推進する重要な役割を担っている点が、大きな特徴と言えます。従って、当社の生産技術・製造系社員には、専門性に加え、高いリーダーシップと責任感、コミュニケーション能力が求められています。

入社後のキャリアパスについて教えてください。

新入社員研修後、生産技術・製造系業務の基礎を1年間学んで頂きます。その後、各工場の生産技術・製造への配属・異動を通じて、業務経験の幅を拡げ、キャリアアップを図ります。

海外勤務はありますか?

はい。国内で業務の基礎を学んだ後、意欲・適性のある方は、海外に派遣し、業務を行って頂きます。海外での事業拡大に伴い、海外工場の立ち上げや技術支援、現地スタッフの指導などを行うことができる生産技術・製造系社員に対するニーズは年々高まっています。

入社後の処遇には何か違いはありますか?

生産技術・製造系部門へ配属されることが決まっている以外は、技術系採用と同じ処遇です。給与・賞与、各種福利厚生関係、教育体系などについても技術系採用と変わりはありません。

専攻が機械工学(機械、精密、航空、船舶、農業機械など)、電気電子工学、材料工学出身でないと採用されないのですか?

はい。募集学科を指定しておりますので、「募集要項」をご確認下さい。

大学院卒ではありませんが、学部卒でも応募できますか?

はい。事務系・技術系採用と同様、大歓迎です。当社では、学部を卒業し若いうちに多くの経験を積んだ社員が多数活躍しています。

生産技術・製造系職種別採用でも、外国籍の学生は応募できますか。

はい。事務系・技術系採用と同様、大歓迎です。

生産技術・製造系採用の求める人財像は事務系・技術系の人財像と違いはありますか。

違いはありません。詳細は「求める人財像」をご確認ください。問題意識をもち、グローバルで活躍したい人財を積極採用します。

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。