次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

コンパクト高度処理型(窒素除去タイプ)KZII型

  • 業界No.1 のコンパクトボディーはそのままKZ型が施工性をさらに向上させII型へ進化。
    • 自社調査・他社主要製品(高度処理型)との比較(2018年11月30日現在)
  • ブロワ配管1系統でタイマーも不要。
  • 単独処理浄化槽からの転換も容易。

設計条件(日平均汚水量200L/人・日)

流入水 放流水 除去率
BOD 200mg/L 20mg/L以下 90%以上
COD 100mg/L 30mg/L以下 70%以上
T-N 45mg/L 20mg/L以下 56%以上
SS 160mg/L 15mg/L以下 91%以上

処理性能

※放流水質のBOD(生物化学的酸素要求量)、COD(化学的酸素要求量)、T-N(全窒素)、SS(浮遊物質量)濃度mg/Lは日間平均値です。
建築センター性能評価値 国土交通大臣認定値 全浄協登録値
BOD 20mg/L以下 20mg/L以下 20mg/L以下
COD 30mg/L以下 30mg/L以下 20mg/L以下
T-N 20mg/L以下 20mg/L以下 20mg/L以下
SS 15mg/L以下 15mg/L以下 -

断面パース図

フローシート

  • 雨水は流入させないでください。
  • 天ぷら油等は固めるなどの処理をして流入させないでください。
  • 温泉排水は流入させないでください。
  • 取扱説明書をよくお読みください。

特長

■流入管底270mm・放流管底270mmと、その管底差は“ゼロ”。嵩上げ工事と放流ポンプ槽の不要なケースが増え、施工メリットが拡大します。
  • 10人槽(KZII-10)は流入管底300mm、放流管底300mmになります。
  • マンホール天端からのサイズはプラス30mmになります。

■省スペース設計

槽本体は業界トップのコンパクト設計。場所を選ばずすっきり埋設できるほか、掘削スペースが少なくて済むため、施工の省力化・スピード化が図れます。

■環境に優しい高度処理機能を付加
窒素除去性能(T-N≦20mg/L)と浮遊物質除去性能(SS≦15mg/L)を備えています。(全浄協に高度処理型〈窒素除去型〉として登録)
■消費電力が少ない省エネブロワを採用(環境配慮型浄化槽の基準に適合)
空気配管が1系統なので設置しやすく、しかもタイマーも不要で経済的な省エネタイプのブロワを採用。またアースも不要です。
■ 5・7人槽が全高1,530mmの浅型設計
5人槽・7人槽ともに全高1,530mmの浅型設計。地下水位が高いなど施工しにくい現場にも対応しやすくなりました。
  • 10人槽は1,550mm。
  • マンホール天端からのサイズはプラス30mmになります。
■駐車場の下でも支柱レス施工OK※
放流ポンプ槽付でも駐車場下での支柱レス施工に対応。
  • 車両総重量2トン以下
■単独処理浄化槽からの転換も容易
■メンテナンス性に配慮した設計

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。