次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

小型浄化槽

放流水質:
  • BOD20mg/L
  • T-N20mg/L
  • 省スペースで施工性がさらに向上
  • 消費電力が少ない省エネブロワを採用
  • 5・7人槽が全高1,530mmの浅型設計
放流水質:
  • BOD10mg/L
  • T-N10mg/L
  • 嫌気ろ床槽第1室に流量調整機能を持たせ、流入水量の変動を緩和。後段の処理機能が安定します。
  • 担体反応槽では面積の大きい担体を使用。安定したBOD除去と十分なアンモニア性窒素の硝化を行います。
  • 処理水中に含まれる浮遊物質(SS)を担体ろ過槽で確実にろ過分離します。
  • 支柱レス施工にも対応します。(5・7人槽のみ)
放流水質:
  • BOD20mg/L
  • ろ材や接触材などには高耐久性の部材を使用。
  • バルブが使いやすいよう高い位置に配置。機能・用途別に色分けしました。
  • 送気口を2カ所に設けました。(5、7人槽のみ)
  • 放流ポンプ槽付もご用意できます。支柱レス施工※にも対応します。(5、7人槽のみ)

※支柱レス施工には制限があります。施工に際しては弊社営業窓口までお問い合せください。

放流水質:
  • BOD20mg/L
  • T-N20mg/L

受注生産品(納期:受注後1ヵ月)

  • 全人槽とも全高1,550mmの浅型設計。さらに流入と放流の管底差50mm。
  • BOD、窒素、浮遊物質の除去性能を備え環境にも配慮。
  • 視認性や操作性を高めた部品の採用と逆洗不要で、メンテナンスが簡単。

※KJ10は、生産終了とさせていただきました。

  • 型式末尾(D)のモデルは放流ポンプ槽内蔵型
  • 放流水率のBOD(生物化学的酸素要求量)、T-N(全窒素)、SS(浮遊物質量)濃度mg/Lは日間平均値です。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。