次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

INTERVIEW WITH KUBOTA PEOPLE

今・未来の農業に役立つ製品づくり
無限に広がる設計者の思い

電気・電子
・情報系
製品開発・設計
目野 鷹博
MENO TAKAHIRO
移植機技術部
2014年入社
電気電子工学専攻修了
MY CAREER キャリアの歩み

入社後、新入社員研修や機械製図研修などの受講後、移植機技術部 企画・基礎チームに配属。主な業務は、新技術を搭載した田植機の開発。現地試験への参画や外装部品の設計、取扱説明書の作成などを通して、新機種の開発に携わっている。

※このページで紹介しているインタビューの内容及び社員情報は取材時のものです。

Q1WHY

クボタに入社した理由

「食糧・水・環境」という、私たちの生活になくてはならない分野で重要な役割を担っていることに魅力を感じ、興味を持ちました。また、海外に広く事業を展開しており、グローバルに働くことができることもクボタを選んだ理由の一つです。 実際に入社してみて、若手の育成にとても力を入れている会社だという印象を持ちました。新人であっても積極的に仕事を任せてもらえる風土があるため、大変なこともありますが、やりがいや達成感を感じる機会の多い会社だと思います。また、充実した研修制度があることも魅力の一つです。私は大学で機械をあまり学んでいなかったのですが、クボタには必要な時に必要な研修が受けられる体制が整っているため、業務を進めるうえで大変助かっています。

Q2JOB

現在の仕事内容

現在はGPSを搭載した乗用田植機の設計業務を行っています。設計する部品は、安全手すりのような大きな外装部品から、電装品を取り付けるための小さな金具まで様々です。設計に行き詰った時は現場に足を運び、実際に機械を見ながら発想を膨らませています。また、最近は部品単体の設計だけでなく、次に開発する新機能のための機構設計にも取り組んでいます。周辺の部品との位置関係やコスト、動作の信頼性など、考えなければならないことが多く大変ですが、とてもやりがいのある仕事です。その他の仕事としては、全国各地のお客様の田んぼへ足を運び、実際の田植え作業を通して開発中の機械の性能試験を行うこともあります。機械の性能を自分の目で確認し、お客様の声を直に聴くことのできる貴重な機会であり、「現場主義」を掲げるクボタの技術者として、非常に重要な仕事です。

Q3WORK

クボタならではの仕事の面白さ

設計者の仕事の一つに、担当製品の量産立ち上げのフォローがあります。私は去年の春、担当していた製品の量産立ち上げのために工場に出張し、製造ラインで組み立て作業上の改善点の抽出を行いました。実際に工場で生産を始めると、開発中には見えてこなかった様々な改善点が次々に見つかります。工場の担当者や多くの関係者と連絡を取り合って、これらを一つひとつ解決していく必要があり、図面を描くだけでは完成しないモノづくりの難しさを感じました。同時に、初めて自分で設計を担当した部品が製造ラインに供給され、組み立てられ、お客様のもとに届けられる製品として完成していくのを見て、とても大きな達成感を感じました。試作設計から量産フォローまで、モノづくりの上流から下流まで一貫して関わることができるのも、この仕事の面白いところです。

Q4CAREER

今後のキャリアプラン

農業従事者の減少や高齢化により、より楽に、より効率的に作業ができる製品の開発がこれから重要になってきます。例えば、田植え作業の中でも重労働である、苗や肥料の機械への運び込み作業を自動化することができれば、作業者の負担は大きく軽減され、作業効率も良くなります。このような「人が苦労して行っている大変な作業」をどんどん楽にできる製品の開発にこれからチャレンジしていきたいです。将来的には、初めて田植え作業をする人であっても、簡単に、綺麗に田植えができる新しい田植機を開発したいと思っています。最終的には、無人の田植機が田植え作業をひとりで行い、人間はその自動作業を監視しているだけというような未来の田植機を開発することが、今の私の夢です。

ONE DAY SCHEDULE

  • 8:00/朝礼
  • 8:30/メールチェック
  • 9:00/設計業務
  • 12:00/昼食&休憩
  • 13:00/関連部署との会議に出席
  • 15:00/会議内容の資料作成
  • 16:00/協力会社と打合せ
  • 17:30/設計業務
  • 19:30/業務進捗をまとめて帰宅

OFF TIME

会社の寮に住んでいるので、同じ寮の同期と遊びに行ったり、お酒を飲みに行ったりすることが多いです。新入社員研修の期間が長いので、同期と仲が良くなるのもクボタの良いところです。職場の先輩と釣りに行ったり、仲の良い友人と旅行に行くこともあります。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。