次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

「金属材料」に関する研究テーマを募集~クボタ若手研究者研究奨励制度(金属材料分野)を創設~

2020年8月21日
株式会社クボタ

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:北尾裕一、以下「当社」)は、創業130周年記念事業の一環として、研究奨励ならびに産学連携を目的に、大学や研究機関の若手研究者を対象とした研究奨励制度を創設します。「水道分野」に続いて今回、「金属材料」に関する夢のある研究テーマを広く募集し、応募者の中から選考の上、最大3名の方に研究奨励金を助成します。

1.創設の背景

  • 当社は、創業者久保田権四郎が1890年に鋳物メーカーとして創業し、以来、「鋳物」をルーツとした多種多様な素材を開発し、人々の暮らしと社会に貢献するさまざまな素形材製品を世に送り出してきました。
  • 素形材とは、素材に熱や力を加えて形成された部品・部材のことで、当社製品では、エチレン製造用の分解炉で使用される「クラッキングコイル」や、高熱の鋼塊を押し延ばして成形するための「圧延ロール」など、社会・産業基盤における様々な用途で使われています。
  • 今後も、時代とともに変化するお客様のニーズにお応えしていくためには、新たな素材開発や製造技術開発などが必要不可欠です。
  • ものづくりの原点とも言える素材、特に金属をベースとした産業のさらなる発展においては、金属材料の研究に携わっておられる若手研究者の皆様の活躍が欠かせないとの想いから、今回の研究奨励制度を創設するものです。

2.応募資格

金属材料の各種研究に携わる大学及び研究機関の准教授、講師、助教、研究者 等

3.募集概要

1)募集テーマ:「金属材料(金属基複合材料含む)」に関連する研究テーマ
2)募集期間:2020年8月24日~10月23日
3)選考人数:最大3名
4)研究奨励金:100万円/人

4.審査方法

社外有識者による選考委員会を開催し、厳正に審査します。

5.個人情報の取扱いについて

応募書類から得た情報は、審査および事務局内資料作成・応募者本人への連絡のみに使用します。また、本人の同意なく、採択後の情報公開(氏名・所属・研究概要)目的以外に公表することはありません。

6.スケジュール

1)募集期間:2020年8月24日~10月23日
2)審査・結果発表:2020年11月(予定)
3)研究奨励金支払:2020年12月(予定)
4)研究期間:2020年12月~2021年11月
5)研究論文提出:2021年11月
6)成果発表会:2021年11月(クボタ社内向け)

応募規定の詳細については、下記URLをご参照ください。
https://www.kubota.co.jp/product/materials/
index.html

本件に関するお問合せ先
株式会社クボタ 水環境総括部 (TEL:03-3245-3663)

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。