次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

タイに実証型農場「クボタファーム」を開設~約35万㎡の敷地で地域密着型の研究開発体制を強化し、現地農業の発展に貢献~

2020年8月27日
株式会社クボタ

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:北尾裕一、以下当社)のタイ王国子会社SIAM KUBOTA Corporation Co.,Ltdは、農業機械化と先端農法の実証活動を行う農場「クボタファーム」をタイ国内に設立しました。タイにおける研究開発子会社のKUBOTA Research & Development Asia Co., Ltd.と協力して、成長を続けるASEAN地域に密着した事業活動を強化し、現地の農業の発展に貢献してまいります。

1.設立の背景と狙い

  • 当社は1978年にタイに製造販売拠点を設け、ASEAN地域における農業の機械化を推進し、地域経済の発展に貢献してまいりました。
  • 特に近年は、現地の作物・ほ場条件・作業体系に適した農業機械の研究開発を進めており、2016年にはタイに研究開発拠点を設立し、製品ラインナップの拡充を加速させています。
  • クボタファームの設立もその一環であり、広大な実証型農場を自社で保有することで、最新の機械や技術を活用した農作物の生育方法や管理手法の研究・実証を自社施設内で行うことが可能になります。さらに販売ディーラーや農家のお客様を招き、最先端の農業技術を体感いただける場として活用することで、販売促進や地域の農業の担い手育成に貢献することもねらいとしています。

2.クボタファームの概要

施設名 クボタファーム
設立時期 2020年8月
設立場所 タイ王国 チョンブリ県
施設面積 約220ライ(約35万㎡)
施設内容 敷地内は米、キャッサバ、シュガーケーン等主要作物の現代農法ゾーン、農業所得向上ソリューションゾーン、トレーニングゾーン等の9つのゾーンに分かれています。
  • 開所式にご臨席されたタイのシリントーン王女殿下
  • クボタファーム内の水田

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。