次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

米国に小型建設機械の製造拠点を新設~生産能力を増強し、世界最大の小型建機市場の事業展開を加速~

2020年8月17日
株式会社クボタ

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:北尾裕一 以下「当社」)は堺製造所(大阪府堺市)で生産する北米市場向けの小型建設機械「コンパクトトラックローダー(以下、CTL)」の生産の一部を米国に移管します。このたび、当社の米国子会社 Great Plains Manufacturing Inc.(以下、GPM)がカンザス州サライナ市にCTLの生産拠点を新設し、2022年から量産を開始します。生産拠点の新設により、顧客の要望にスピーディに対応できる体制を構築することで、小型建機事業の更なる拡大を目指します。

1.背景とねらい

  • 北米は世界最大の小型建機市場であり、近年当社は販売網の強化や製品ラインナップの拡充などにより、事業拡大を図っています。
  • その一環として、2016年にはトラクタや建設機械に装着して使用する作業機器の開発・生産に強みを持つGPMをグループに迎え、顧客ニーズに基づいた開発・生産・販売などシナジーを発揮しています。
  • 現在、北米向けの小型建機の大半を日本国内で生産していますが、消費地である米国で生産することで、リードタイムの短縮や為替リスクの低減などが可能となることに加え、GPM社内で建設機械を製造することで、作業機器との連携をさらに高度化することもねらいとしています。
  • 新拠点で生産するCTL
  • CTLはさまざまな作業機器を装着することで、
    軽土木や園芸など多様な作業に使用可能

2.新製造拠点の概要

所在地 アメリカ合衆国 カンザス州 サライナ市
規模 土地64.7 万㎡、建屋 7.4 万㎡
投資額 約56億円(53Mドル)
生産品目 コンパクトトラックローダー1機種 SVL65
生産台数 3000台(2023年、予定)
従業員数 120名(予定)
量産開始 2022年9月(予定)

3.(ご参考)GPMについて

社名 Great Plains Manufacturing Inc
創業 1976年(クボタ系列化 2016年)
代表者 Linda Salem (President and CEO)
所在地 アメリカ合衆国 カンザス州 サライナ市
従業員数 約 1,500名
事業内容 農業機械用インプルメント、建設機械用アタッチメントの製造・販売

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。