次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

米国のAgTechスタートアップ企業に出資~作物管理・灌漑(かんがい)自動化・収量管理サービス等を手掛けるFarmX社~

2020年4月16日
株式会社クボタ

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:北尾裕一、以下「当社」)は、センサー及びAI技術に強みを持ち、灌漑自動化(作物にとって最適な給水の自動化)並びに作物の生育環境最適化・収量最大化のための一体型プラットフォームサービスを手掛ける米国のスタートアップ企業「FarmX, Inc.」(以下「FarmX社」)に出資しました。
当社はFarmX社への出資により、米国等における農業経営の高効率・収益化に貢献して参ります。

1.背景とねらい

  • 当社は、社外パートナーとの連携によるオープンイノベーションの推進部門として、昨年6月に「イノベーションセンター」を立ち上げました。現在、昨年8月に出資したAdvanced Farm Technologies社、本年1月に出資したAbundant Robotics社をはじめとした、スタートアップとの協業交渉を進めております。
  • このたび当社は、イノベーションセンターの注力領域である果樹・野菜・ブドウ・ナッツ農家においてニーズが高まっている「ほ場管理」に着目し、データ採取・解析・予測のための先進的なモデル構築及びAI技術、機械学習及びIoTセンサーを用いた作物管理サービスを手掛けるFarmX社へ出資する事といたしました。
  • FarmX社は、収量増や労務費の低減、及び水・電気使用量削減による農家の収益改善に寄与するソリューションを提供しています。
  • 今回の出資により、果樹・野菜・ブドウ・ナッツ等の領域における精密農業実現のためのプラットフォーム開発を強化すると共に、出資しているスタートアップ企業2社との連携も視野に入れ、米国等における農業経営の高効率・収益化に貢献して参ります。
  • 土壌センサーのデータ・位置情報の可視化イメージ
  • ワイナリーの灌漑システムのイメージ

2.FarmX社の概要

社名 FarmX, Inc.(ファーム エックス 株式会社)
会社設立 2014年11月
所在地 米国カリフォルニア州
事業内容 灌漑自動化並びに作物の生育環境最適化、収量最大化のための一体型プラットフォームサービスの提供

【ご参考】

Advanced Farm Technologies社の概要

社名 Advanced Farm Technologies, Inc.
会社設立 2018年
所在地 米国カリフォルニア州
事業内容 イチゴの自動収穫ロボット開発及び、収穫作業請負サービス

Abundant Robotics社の概要

社名 Abundant Robotics, Inc.(アバンダント ロボティクス株式会社)
会社設立 2016年
所在地 米国カリフォルニア州
事業内容 リンゴの自動収穫ロボット開発及び、収穫作業請負サービス
リリースに関するお問い合わせ先
株式会社クボタ
コーポレート・コミュニケーション部 広報室 TEL:06-6648-2389
東京広報室 TEL:03-3245-3052

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。