次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

クボタとマイクロソフト、デジタルトランスフォーメーションの推進に向けて戦略的提携を発表

2020年3月17日
株式会社クボタ
マイクロソフト コーポレーション


株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:北尾裕一、以下「クボタ」)とマイクロソフト コーポレーション(本社:米国ワシントン州レドモンド、CEO:サティア ナデラ、以下「マイクロソフト」)は、クボタのデジタルトランスフォーメーションの推進に向けて、複数年にわたる戦略的提携を発表しました。この提携によりクボタのITインフラやSAPなどの基幹システムを、信頼性の高いクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を基盤とするクラウドに移行します。

Microsoft Azureを標準基盤にすることで、クボタは業務を合理化し、イノベーションを加速するとともに、ソリューション提供型のビジネスへの移行をめざします。また両社は、AIをベースとした新たなソリューションを開発し、食料・水・環境の事業分野で展開していきます。

クボタは、世界各地のニーズに応じた農業機械を通じ、増大し続ける食料需要に応える一方で、水環境分野では、水道管から水処理施設に至るまで豊富な製品群でトータルソリューションを提案しています。この取り組みを加速するために、マイクロソフトは技術を提供し、両社はそれぞれの専門性を発揮して協力し、持続可能な社会の実現に貢献します。

提携の概要

1)ITインフラストラクチャの最新化
この提携を通して、クボタはITインフラやSAPなどの基幹システムをMicrosoft Azureをベースとした信頼性の高いクラウドプラットフォームに移行します。マイクロソフトのクラウドによる業務の最新化は、AIをはじめとする先端技術の利用を容易にし、データ活用の規模拡大や柔軟性をもたらします。またクラウド上に重要な基幹システムを統合することで、クボタは業務を合理化し、グローバルでの統合されたデータ活用を加速できるようになります。
2)新たなイノベーションの創出
クボタはイノベーションの創出を目的に、マイクロソフトと協力して新たに「AI Machine Learning Labプロジェクト」を立ち上げます。このプロジェクトでクボタは、AIソリューションを開発する新たな技術者の育成や社内の業務革新、食料・水・環境分野における新サービスの構築をめざします。マイクロソフトは、Azure Machine Learningで提供する広範な知識と先端技術を活用して、クボタのAIへの取り組みを支援します。
さらに両社は将来に向けて、持続可能な未来の実現を目指すために、お互いの取り組みに基づいたテクノロジーを活用した革新的なプロジェクトを積極的に模索していきます。

株式会社クボタ 代表取締役社長 北尾 裕一 コメント

For Earth, For Lifeを標榜するクボタは食料・水・環境分野において、事業を通じて課題解決に挑戦する企業です。地球規模で広がる課題に対応するにはデジタルトランスフォーメーションが不可欠であり、本提携はその大きな一歩です。マイクロソフトとともに、イノベーションの創出と、新たなソリューションとバリューを社会に提供していくことをめざします。


マイクロソフト コーポレーション エグゼクティブバイスプレジデント ジャドソン アルソフ コメント

クボタは、環境に適合した農業および農業機器のリーダーとして認識されています。クボタの業界での深い経験とMicrosoft AzureのパワーとそのAI機能を組み合わせることで、地球上に食料を供給し、きれいな水へのアクセスを確保し、全体的な持続可能性を促進する新しいイノベーションを実現できます。


報道関係各位からの問い合わせ先

<クボタ>

株式会社クボタ コーポレート・コミュニケーション部
広報室   TEL:06-6648-2389
東京広報室 TEL:03-3245-3052


<マイクロソフト>

日本マイクロソフト株式会社 コーポレートコミュニケーション本部
mskkpr@microsoft.com
TEL:03-4535-8055

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。