次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

農業機械の稼働情報管理サービス 「MY農機」にパソコン向け専用機能を追加

2020年2月28日
株式会社クボタ

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:北尾裕一、以下「当社」)は、複数の農業機械を保有・運用する担い手農家の管理者が離れたところでも農業機械の稼働状況を確認できる「MY農機」に、パソコン向け専用機能を追加します。

1.開発の背景とねらい

  • 近年、担い手農家は規模拡大が進み、複数の農業機械を同時に稼働させることも多いため、オペレーターが操作する各機械の状態や作業の進捗状況を効率的に把握・管理する必要性が高まっています。
  • また、排ガス規制の強化に伴い、DPF(排気微粒子除去フィルター)や尿素水タンクが農業機械に搭載されたことで、お客さまが機械をリアルタイムに見守り、状況に応じてご自身で必要な処置を行うことが重要になってきています。
  • 2019年4月より、お客さまがご自身で機械の現在位置や稼働状況、燃料消費量や尿素水残量の確認、更に直近2ヶ月間の作業内容を振り返ることが可能な「MY農機」スマートフォン向けサービスの提供を開始しましたが、このたび、新たにパソコン向けの専用機能を追加します。
  • 「MY農機」は、KSAS(クボタスマートアグリシステム)営農コース会員に限らず、直接通信ユニット搭載KSAS対応機をご購入された全てのお客さまへ提供可能な稼働情報管理サービスです。

2.サービスの概要

(1)サービス開始日

2020年3月1日(パソコン向け専用機能)


(2)ご利用料金

無料(インターネットの通信料はお客さまの負担になります)


(3)ご利用いただける方

  • 直接通信ユニット搭載KSAS対応機をご購入のお客さま
  • KSAS営農コースのお客さま
    無線LANユニット搭載KSAS対応機でもご利用いただけます。(閲覧情報が限定されます)

(4)新たに追加した機能

① MY農機アラート
事前に設定した曜日・時間または場所以外でメインスイッチがONにされると、登録したメールアドレス宛に通知が届きます。設定された条件以外での機械稼働を知ることができます。(対象:直接通信ユニット搭載トラクタのみ)
② 作業実績の記録と見える化
スマートフォン向けでは、過去の作業実績の確認が当月及び前月までに限られているのに対し、パソコン向けでは「MY農機」の初期登録月分からさかのぼって確認ができるので、作業の振返りや改善への活用が更に便利になります。
③ メンテナンスノート
直接通信ユニット搭載KSAS対応機の定期交換部品が自動で画面連携される従来機能に加え、日常点検や部品交換などのメンテナンス実施履歴を自由に入力・記録・保存することができるようになります。クボタ以外の機械も対象になり、メンテナンスに関する幅広い情報の一元管理ができます。
④ 帳票データ出力
稼働実績やメンテナンス情報をデータ出力できます。機械の作業時間や燃料消費量の記録などが帳票で確認できるので、軽油免税申請時の提出資料などに活用できます。

<ご参考> MY農機に関するニュースリリース

農業機械の稼動管理サービス「MY農機」提供開始~スマートフォンで位置情報や稼動情報を見える化~

https://www.kubota.co.jp/new/2019/19-14j.html

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。