次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

開発中の電動トラクタと小型建機を公開~脱ディーゼルの進む欧州で事業性を検証し、製品化を目指す~

2020年1月15日
株式会社クボタ

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:北尾裕一、以下「当社」)は、京都市内で開催した製品展示会において、開発中の電動トラクタと小型建機(ミニバックホー)の試作機を公開しました。今後、各種実証実験や現地ニーズをふまえながら改良を重ね、開発を進めてまいります。

1.開発のねらい

  • 自動車におけるEV化の世界的な流れの中、ディーゼルエンジンを搭載した農業機械を主力事業とする当社も将来を見据えて、モーター、インバーター、バッテリーパックなどの電動機器関連の情報収集および研究開発を進めてきました。
  • フランス・パリ市が2024年にディーゼル車両乗り入れを禁止することを表明するなど、欧州を中心に脱ディーゼルエンジンの動きが加速していることをふまえ、現行のコンパクトトラクタをベースとする試作機を製作し、現地ニーズの抽出を行うこととしました。
  • 同時に、建設機械においても脱ディーゼルや極低騒音用途を視野に、電動機器の主要コンポーネントをトラクタと共通化した試作機を製作しました。

2.試作機の概要

(1)トラクタ

名称 バッテリ駆動(電動)コンパクトトラクタ
最大出力 ディーゼルエンジン搭載コンパクトトラクタと同等水準
バッテリー リチウムイオン電池
サイズ 2770×1249×2353(㎜)
想定する用途 公園内の除草・運搬・施肥等

(2)小型建機

名称 バッテリ駆動(電動)ミニバックホー
最大出力 ディーゼルエンジン搭載ミニバックホーと同等水準
バッテリー リチウムイオン電池
サイズ 4550×1400×2420(㎜)
想定する用途 一般の工事用途に加え、排ガス対策や極低騒音が必要な工事

3.今後について

  • トラクタは、今年からフランスでモニター試験を実施予定です。
  • トラクタ、小型建機とも今後、各種実験や評価試験を重ね早期の製品化を目指します。

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。