次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

オランダ・ワーヘニンゲン大学構内にサテライトオフィスを設立 ~スマート農業分野の研究で同大リサーチセンターとの連携を強化へ~

2019年9月10日
株式会社クボタ

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、社長:木股昌俊 以下、「当社」)は、当社の欧州におけるオープンイノベーション推進部門「クボタイノベーションセンターヨーロッパ」のサテライトオフィスを、オランダのワーヘニンゲン大学構内に設立します。オフィスは2020年に完成予定の同大学構内の産学連携施設に入居する予定です。
当社は、これにより農学研究の世界的権威である「ワーヘニンゲン大学リサーチセンター」との協力関係を一層進め、同大学やオランダ国内のみならず、EU域内のスマート農業関連の最先端の技術情報の収集を行うと共に、農作業の自動化や農業データの有効活用等の各種研究プロジェクトに参画することで、スマート農業関連の研究開発を推進してまいります。

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。