次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

カンボジア王国コンポントム州における「コンポントム上水道拡張計画」の受注について

2019年3月20日
株式会社クボタ工建

株式会社クボタ工建(株式会社クボタ100%子会社、本社:大阪市浪速区、社長:荒川範行、以下「当社」)は、株式会社建設技研インターナショナル、株式会社ジオクラフト、メタウォーター株式会社と構成するコンソーシアムで、カンボジア王国コンポントム州における「コンポントム上水道拡張計画」を受注しました。
日本のODA(政府開発援助)案件で、水道施設の設計・施工から運営・維持管理まで一括で担うのは日本企業のコンソーシアムでは初めてとなります。
当案件は2017年3月に日本政府とカンボジア政府が調印した、事業・運営権対応型無償資金協力※の一環で、既に施設の設計・建設の契約を締結し、3月26日に同国にて運営・維持管理について、基本合意書の調印式が行われる予定です。
当社およびコンソーシアム各社は、日本の質の高いインフラ技術による水道施設の建設および運転・維持管理を通じて、カンボジアでの安全な水の安定供給に貢献してまいります。

1.事業の背景・目的

  • カンボジア政府は、2025年に都市部での安全な飲料水へのアクセス率100%を目標に、同国工業・手工芸省(MIH:Ministry of Industry and Handicraft)主導で地方都市の上水道施設整備を重要課題として進めています。
  • カンボジア北部のコンポントム州の州都地域では、配水管網の整備不足のため41%にとどまる給水率の引き上げに加え、都市化の進展を背景に、給水対象地域の拡大が求められています。
  • 一方で既存の浄水場からの供給量も能力の90%を超えていることから、早急な拡張整備が必要な状況です。
  • このような状況の下、カンボジア政府からの要請で、日本政府によるODA(政府開発援助)事業が実施されることとなりました。

2.事業概要

実施機関 カンボジア王国 工業・手工芸省(MIH)
構成企業 株式会社クボタ工建(代表者)
株式会社建設技研インターナショナル
株式会社ジオクラフト
メタウォーター株式会社
事業期間 設計・建設期間 約3年、運営・維持管理 5年(延長オプション有り)
工事概要 取水施設(8,250㎥/日)、浄水場(7,500㎥/日)、導水管・配水管152kmの設計施工
*施設建設後、浄水場運営・維持管理
契約金額 30.2億円
完成予想図

※事業・運営権対応型無償資金協力
民間企業が関与して施設建設から運営・維持管理までを包括的に実施する公共事業に無償資金協力を行うことを通じ、日本企業の事業権・運営権の獲得を促進し、日本の優れた技術・ノウハウを途上国の開発に役立てることを目的としています。

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。