次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

カンボジアに農業機械向けの小売金融子会社を設立 ~農業機械販売と一体化したローンプログラムを提供し、同国内での事業拡大を加速~

2018年12月17日

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:木股昌俊 以下、当社)と、タイ王室系企業 サイアムセメントグループの合弁子会社である「サイアムクボタコーポレーションCo.,Ltd.(以下、SKC)」は、カンボジアに小売金融子会社を設立し、ローンプログラムの提供を開始いたしました。
農業の機械化需要が高まるカンボジアにおいて、農業機械向けローンを提供し、農業機械事業の更なる拡大を図ります。

1.背景と狙い

  • カンボジアはコメを中心にキャッサバ、トウモロコシなどを生産する農業国であり、SKCが同国内のディーラー網を通じてトラクタ、コンバイン、横型ディーゼルエンジン、耕うん機などを販売しております。
  • 近年の経済成長に伴う農業の機械化の進展を受けて、当社は同国でのマーケティング活動やアフターサービス体制づくりを担う「クボタカンボジアCo., Ltd(以下、KBC)」を2013年に設立し、ディーラー網の整備やアフターサービスの強化を進めてきました。
  • この度、同国に新たに小売金融子会社を設立し、農業機械販売と一体化したきめ細やかなローンのプログラムを提供することにより、農業機械事業の更なる拡大を目指します。

2.新会社の概要

会社名 Kubota Leasing (Cambodia) PLC.
設立 2018年5月16日
事業開始 2018年8月8日
所在地 カンボジア王国プノンペン特別市
資本金 18百万USドル
出資比率 SKC 100%
事業内容 カンボジアにおけるSKC製品向けローンプログラムの提供

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。