次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

インドのトラクタメーカーとの合弁会社設立について~現地生産により世界最大規模のインド農業機械市場攻略を加速~

2018年12月11日

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:木股昌俊 以下「当社」)はインドのトラクタメーカーであるEscorts Limited(本社:インド、会長兼社長:Nhikil Nanda 以下「EL社」)と、合弁でトラクタ製造会社を設立することに合意しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.合弁会社設立の背景と狙い

  • インドのトラクタ市場は台数ベースで世界最大規模であり、今後も市場の拡大が見込まれます。現在インド市場はローカルメーカーが主体となっており、ローカル各社は外資メーカーとの提携関係を強化しています。
  • 当社は2008年にクボタインド農業機械株式会社(以下「KAI」)を設立してインド市場に参入し、2015年に牽引等の多用途に適合したマルチパーパストラクタを発売して以降、順調に推移しています。
  • 今回インドでの製造ノウハウを持ち、調達力の優れたEL社との協業により、マルチパーパストラクタの現地生産を通して、当社トラクタ事業の成長を加速させていきます。

2.合弁会社の概要

会社名 Escorts Kubota India Private Limited
資本金 30億ルピー(51億円)※1
出資比率 クボタ 60%、EL社 40%
所在地 インド ハリヤナ州ファリダバード市
設立時期 2019年3月末(予定)
事業内容 クボタトラクタ及びEL社トラクタの製造
生産能力 50,000台(年間)

※1 1ルピー=1.7円(2018年11月現在)

3.EL社の概要

会社名 Escorts Limited
代表者 Nikhil Nanda 会長兼社長
本社所在地 インド ハリヤナ州ファリダバード市
設立年 1944年
事業内容 農業機械、建設機械、鉄道部品の製造販売
売上高 860億円(約500億ルピー 2018年3月期決算)
従業員数 10,100名(正社員3,700名 2018年11月現在)

< インド全土図 >

4.今後について

  • 2020年1月に工場を稼働し、同年6月より量産を開始する予定です。

<ご参考>

【クボタ農業機械インド株式会社の概要】

会社名 クボタ農業機械インド株式会社
(Kubota Agricultural Machinery India Private Limited)
代表者 取締役社長 加藤 顕
本社所在地 インド タミル・ナードウ州チェンナイ市
設立 2008年12月5日
資本金 500百万INR
事業内容 インド国内における農業機械の販売

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。