次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

素形材
社会の基盤を支え産業の発展を促すコア事業

素形材とは、素材に熱や力を加えて形成された部品・部材のことで、クボタでは鋳物に端を発し、これまでお客様のニーズに合わせて多種多様な素材を開発してきました。クボタの素形材製品は、社会・産業基盤における様々な用途で使われ、人々の快適な生活環境に貢献しています。

高い技術力で社会に不可欠な製品を提供し続ける

クボタの素形材は社会・産業の基盤を支える重要な役割を担っています。エチレン製造用の分解炉で使用されるクラッキングコイル、建築物の基礎となる鋼管杭や、自動車ブレーキパッドに使用される摩擦材など、その領域は多種多様にわたり、お客様の一人ひとりのニーズに合わせて開発・製造されています。

Pick Up
高い素材設計力が生んだクボタ独自の反応管「MERT」

反応管「MERT」は、世界中のエチレン生成プラントで採用されています。クボタ独自のミキシングエレメントが生み出す攪拌機能によって、エチレン生成プラントにおける熱分解炉の効率を飛躍的に向上させ、世界のものづくり現場に大きく貢献しています。

クボタの源流を受け継ぎ、企業理念を体現する事業

鋳物をルーツとし、長年鋳造技術を磨いてきたクボタは、素材そのものにも深い造詣を持っています。そのノウハウと技術を活かし、お客様の要望に合わせて社会基盤や産業に必要なものを製造。クボタの源流から始まり、社会・産業に貢献する素形材事業は、まさにクボタの企業理念を体現している事業のひとつと言えます。

Pick Up
独自性を打ち出し、素形材事業の足場を作った鋳鋼管

戦前から始まった素形材事業の前身となる鋳鋼事業は、戦後クボタならではの独自性を打ち出すための道を模索します。東洋で初めて実用化した技術「遠心力鋳造法」を鋳鋼管製造に応用し、国内で初めて成功。これを契機に、クボタの業界でのプレゼンスが高まり、今日の素形材事業の足場となりました。

優れた素材を開発し、設計する高い技術力

お客様の要望に応えるものを作るためには、素材そのものを知り、設計し、加工する技術が求められます。クボタは長年の経験と知見から、素材の原料を熟知した上での設計や、材料そのものの開発を可能にしてきました。石油プラントのエチレン生成に使われる反応管「MERT」や、自動車のブレーキ用摩擦材などに使用されるチタン酸カリウム「TXAX」など、クボタならではの製品を生み出しました。

Pick Up
現場の声に応え、工事の合理化を実現した鋼管杭

クボタは素材だけでなく、それが使われる現場に対する知見も兼ね備えています。都市計画などの大型の現場では、環境基準や予算、管路の長寿命化や工期短縮など、さまざまな合理化が求められます。それを実現した製品のひとつが機械式継手「ラクニカンジョイント」です。安定した接合品質が確保でき、工期短縮にも直結し、現場のニーズを実現します。

グローバル展開し世界のものづくりを支える素形材

クボタが長年培ってきた技術と知見を活かした素形材製品は、世界中の石油化学や鉄鋼プラントなどのものづくり現場で採用されています。日本・北米・中東拠点を中心とするグローバルな事業展開によって、お客様のニーズに一早く応えています。

Pick Up
世界最大の海外市場 北米・中東で生産拠点拡大

素形材の主力製品である反応管は、世界の主要な石油化学プラントが集中する北米と中東に、販売・製造拠点としてクボタマテリアルズカナダとクボタサウジアラビアを構え、お客様のニーズに一早く対応しています。さらに、クボタマテリアルズカナダには、今後拡大が見込まれる北米自動車市場に向け、自動車ブレーキパッド用摩擦材TXAXの新工場を建設しました。

関連情報

現場主義の研究開発はクボタの真骨頂です。農業、水、生活環境のエキスパートとして、食料、水、環境の問題に挑み、未来を切り開きます。

世界中で確かな評価と信頼を得ているクボタの技術と製品。世界中のありとあらゆる場所で、クボタはあなたの生活を支えています。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。