次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

研究発表

ダクタイル鉄管の機械接合および施工情報システムの研究

耐震形ダクタイル鉄管を機械接合することで、人手不足の解消と土木工事を軽減する技術を研究した。同時に、その接合機械に接合チェックや施工情報送信機能を搭載することで、施工管理書類を自動作成し、施工した管路の位置情報から竣工図作成やマッピングシステムへ反映させることで維持管理業務の一部を軽減する情報システムを研究した。


[平成26年度全国会議(水道研究発表会)日本水道協会主催]

図 機械接合および施工情報システムの概要

ダクタイル鉄管を用いた大変位対応システムの研究

本報告では、断層のように非常に大きい地盤変位が局所的に生じる場合の管路挙動について、大きな伸縮性能を有する大変位吸収ユニットを配置し、管路の伸縮性能を向上させた管路の挙動解析を行い、耐震継手ダクタイル鉄管の大変位対応システムが断層変位に対して有効であることを示した。


[平成26年度全国会議(水道研究発表会)日本水道協会主催]

断層横断部の耐震継手ダクタイル管路挙動に関する研究(3)

水道管路の地震対策として広く使用される耐震継手ダクタイル鉄管の断層横断部の挙動解析を行い、詳細な管路挙動を分析するとともに、模擬実験により解析結果の妥当性を検証した。その解析結果をもとに断層横断部の管路挙動を推定する手法を検討し、推定式を立案した。


[平成26年度全国会議(水道研究発表会)日本水道協会主催]

図 解析モデル

ダクタイル鉄管によるパイプインパイプ工法の改良

非開削でダクタイル鉄管を布設する工法は直押し推進工法、さや管推進工法およびパイプインパイプ(PIP)工法等がある。PIP工法で使用されるダクタイル鉄管には、押込工法用のPN形と持込工法用のPN形CP方式があるが、今回、施工性に優れたPN形CP方式を押込工法にも適用できるようにすることで継手の統一化を図った。


[平成26年度全国会議(水道研究発表会)日本水道協会主催]

図 新PN形継手

水道用バタフライ弁長寿命化に向けてのゴムシートの改良

防食性能が向上し、長寿命化が図られたGX形ダクタイル管の適用サイズが拡大(~呼び径400)することに伴い、本口径の管路での適用比率が高いバタフライ弁に関しても、弁体の長寿命化に対するニーズが高まっている。
本研究では、バタフライ弁に使用されるゴムシート材料の改良に取り組み、耐塩素性能の性能評価とともに、実製品を用いた耐久性評価試験の結果について報告する。


[平成26年度全国会議(水道研究発表会)日本水道協会主催]

図 バタフライ弁構造図

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。