次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

残留塩素濃度管理システム

管路末端で残留塩素濃度を自動測定し、濃度に応じて自動で排水を開始・停止するシステムです。本システムにより「排水量の削減」「業務負担の軽減」が可能となります。

特長

  • 設定した頻度で残留塩素濃度を測定・記録
  • 任意に設定した残留塩素濃度内に収まるよう排水の開始・停止を自動運転
  • 自動排水により、常時排水を行うより排水量の削減が可能

機能

  • 配水管から取り出した水道水の残留塩素濃度を、センサにより計測
  • 残留塩素濃度が設定下限値を下回った際、コントローラから信号を送り電磁弁を開にすることにより排水を開始により排水を開始
  • 設定上限値に回復した際、電磁弁を閉にすることにより排水を停止

主な仕様

項 目
内 容
測定項目 残留塩素濃度(電気伝導率、水温も同時測定可能)
測定間隔 5分(推奨間隔)
連続稼働時間 30日(バッテリー(6V30Ah)使用)
外形寸法(mm) 残塩濃度センサ:190×130×380
コントローラ:220×130×190(コネクタ等の突起物含まず)

※推奨の間隔以外にも、2、3、10、20、30、60分間隔で設定可能

機器の設置条件

設置場所 屋内・ケース設置 量水器ボックス内(樹脂製蓋) 屋内・十分な専用スペースあり
設置方法 専用ケースとして設置
(電磁弁はケース外に設置)
量水器ボックス内に設置
設置制約なし
適用 呼び径20 呼び径20 呼び径20,30,50

量水器ボックス内(平面図)

量水器ボックス内(立面図)

残留塩素濃度管理システムの導入効果

1.残留塩素濃度推移例

2.排水量削減効果例

ご利用に際して

  • 業務委託として対応させていただき、機器類の販売は行いません。
  • 機器類の設置から調整、校正及びデータ整理まで一式対応いたします。
  • 金額や対応可能時期につきましては、お問い合わせください。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。