次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

お知らせ

M-Dトラクタのリコールについて

リコール届出番号 4734
リコール開始日 令和2年4月17日

日頃は弊社製品をご愛用いただきありがとうございます。
この度、M-Dトラクタのご愛用車につきまして、令和2年4月16日に下記内容のリコールを国土交通省に届け出いたしました。
ご愛用の皆様にはご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが、ご購入先からご案内させていただきますので点検・修理(無償)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

令和2年4月16日
株式会社クボタ

リコール概要

1. 不具合の状況

① 農耕用トラクタにおいて、電気配線の取り回しが不適切なため、電気配線と油圧配管固定用ステーのエッジ部が接触しているものがある。そのため、走行振動等により、当該電気配線の被覆が摩耗し短絡して、最悪の場合、火災に至るおそれがある。
② 農耕用トラクタにおいて、エンジンのスタッドボルト先端が突出しているため、電気配線と干渉するものがある。そのため、走行振動等により、当該電気配線の被覆が摩耗し短絡して、最悪の場合、火災に至るおそれがある。
③ 農耕用トラクタにおいて、電気配線の取り回しが不適切なため、電気配線とリレー及びヒューズ固定用ブラケットのエッジ部、または電気配線同士が接触しているものがある。そのため、走行振動等により、当該電気配線の被覆が摩耗し短絡して、最悪の場合、火災に至るおそれがある。
④ 農耕用トラクタにおいて、電気配線の取り回しが不適切なため、電気配線とパワーステアリングコントローラ固定用ブラケットのエッジ部が接触しているものがある。そのため、走行振動等により、当該電気配線の被覆が摩耗し短絡して、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

2. 改善措置の内容

① 全車両、電気配線固定用のステー及びクランプを追加する。また、電気配線に損傷が見られるものは、電気配線を新品に交換する。
② 全車両、エンジンのスタッドボルトに保護材を追加する。また、電気配線に損傷が見られるものは、電気配線を新品に交換する。
③ 全車両、電気配線の配索経路を変更する。また、電気配線に損傷が見られるものは、電気配線を新品に交換する。
④ 全車両、電気配線の配索経路を変更するとともに配線固定用のステー、クランプ及びクリップを追加する。また、電気配線に損傷が見られるものは、電気配線を新品に交換する。

3. 対象車両

車 名 型 式 通称名 リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
リコール対象車の台数 備 考
      合 計 (計1531台) ①,②,③1020
④511
クボタ SB-M95X 「M85D」 MD-70001~MD-70089
平成17年6月6日~平成20年6月17日
70 ①,②,③
「M95D」 MD-50001~MD-50292
平成16年9月2日~平成20年8月18日
267 ①,②,③
SC-M105X 「M105D」 MF-50002~MF-50802
平成16年9月2日~平成20年8月28日
683 ①,②,③
- 「M105D‑HPC」
SC-M125X 「M115D」 MY-50001~MY-50122
平成16年9月6日~平成20年8月21日
113
「M125D」 MY-70001~MY-70482
平成16年9月6日~平成20年8月26日
398
- 「M125D‑HPC」

ご愛用の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしましたこと、心からお詫び申し上げます。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。