次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

膜ユニット・膜カートリッジの構造

膜ユニットの構造

膜ユニットは、上部の膜ケースと下部の散気ケースから構成されています。
膜ケース内部には、多数の膜カートリッジが一定間隔に収められています。それらの膜カートリッジは、チューブを通じて、集合管につながり、処理水を取り出します。
また、散気ケース内部には、散気管が取り付けられ、ブロワからの空気を排出します。
膜カートリッジは1枚ずつ取り出すことができ、点検・交換が簡単です。

膜カートリッジの構造

  • 510膜カートリッジ
    有効膜面積0.8m2
  • 515膜カートリッジ
    有効膜面積1.45m2
  • 膜シート拡大図

膜カートリッジの両面に貼られた膜シートは、平均孔径0.2μm(1万分の2mm)塩素化ポリエチレン製多孔性膜です。
膜シートを透過した処理水は、スペーサを通り、ノズルから排出されます。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。