次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

製品ラインアップ

液中膜ユニット

排水の種類や水量などに応じて選べるラインアップ。

液中膜は、精密ろ過膜を利用した平膜を核とする、水槽に浸漬させて使用するタイプの膜ろ過装置です。
豊富なラインアップでお客様のニーズに応えます。

  • FSシリーズ
  • FKシリーズ
  • RWシリーズ

液中膜®仕様表

型式 膜面積(m2 外形寸法2)(m) 必要最低水深(m)
長さ 高さ
FF25 20 0.60 0.44 1.53 1.8
FF50 40 0.60 0.79 1.53 1.8
FS50 40 0.60 0.79 1.53 2.0
FS75 60 0.60 1.14 1.53 2.0
FS100 80 0.60 1.49 1.53 2.0
FS125 100 0.60 1.84 1.53 2.0
FS150 120 0.60 2.20 1.53 2.0
FS200 160 0.60 2.92 1.53 2.0
FK300 240 0.60 2.20 3.01 3.5
FK400 320 0.62 2.92 3.01 3.5
ES75 60 0.60 1.14 2.03 2.5
ES100 80 0.60 1.49 2.03 2.5
ES125 100 0.60 1.84 2.03 2.5
ES150 120 0.60 2.20 2.03 2.5
ES200 160 0.62 2.92 2.03 2.5
EK300 240 0.60 2.20 3.51 4.0
EK400 320 0.62 2.92 3.51 4.0
RM150 217.5 0.58 2.25 2.49 3.0
RM200 290 0.58 2.93 2.49 3.0
RW300 435 0.58 2.25 4.29 4.8
RW400 580 0.58 2.93 4.29 4.8

液中膜パッケージ

吸引ポンプ、膜ブロワ、制御盤などすべてをオールインワンパッケージ。設置作業が簡単でスムーズな立ち上げを可能にします。

液中膜パッケージは、下記用途にご使用いただけるコンパクトな固液分離装置です。
季節変動などによるピーク水量時の既存設備の補完用として。
沈殿槽の負荷低減および安定化対策として。
既存設備トラブル時の緊急対策用として。

液中膜パッケージ仕様表

型式 膜面積(m2 最大処理量1)(m3/d) 外形寸法2)(m)
長さ 高さ
KMP1 60 20 2.35 4.9 2.8
KMP2 120 40 2.35 5.9 2.8
KMP3 180 60 2.36 7.0 2.8
KMP4 240 80 2.36 8.0 2.8
KMP5 300 100 2.36 9.0 2.8
KMP6 360 120 2.37 9.5 2.9
  1. 活性汚泥の性状などの条件によります。
  2. パッケージ寸法は、槽外配管を含めた最大寸法を示します。高さは、水槽上部の手摺高さ(1.1m)を含みません。

お問い合わせ

製品やシステム導入のご相談など各種お問い合わせについては、お問い合わせフォームをご利用いただくか、または最寄りの拠点にお電話にてお問い合わせください。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。