次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

KSISとは

KSISとは

水処理施設は自治体の予算削減と人材不足の問題に直面しています。広大な施設では要対応時に作業員へかかる負荷が高く、現場の作業効率やライフサイクルコストの改善が大きな課題となっています。IoTによって蓄積されたさまざま監視データを利用できるKSISを活用することで、インターネットを介して機器やプラントの状況、水道工事の様子をモニタリングしてデータを蓄積、その水質や振動データなどをAIで解析することで変化を察知し、適正な修繕・更新が可能になります。今後も最新技術とIoTの力で水道の維持管理の省力化、効率化を推進していきます。

水環境インフラを支えるICTサービス

あらゆる水環境を見守る、予測する、制御する
クボタのIoTソリューションシステム「KSIS」

クボタIoTソリューションシステム「KSIS」はさまざまな水環境プラント・機器の遠隔監視・診断・制御サービスをご提供するクボタ独自のシステムです。IoTを活用した機器の遠隔監視により巡回点検を省力化。さらに監視データを解析して予兆を検知することで時間計画保全から状態監視保全によるLCC低減に繋げていきます。



  • 浄水場や水道管路
  • 農業用水施設
  • 中継ポンプ場や浸水被害を防ぐ排水機場
  • 浄化槽や産業排水処理施設
  • 下水処理場やマンポールポンプ など

KSISは様々なシーンで施設管理・運用の省人化・効率化をサポートします。


進化をつづけるKSIS

  • KSISに蓄積されたデータは、ビッグデータ解析とAI診断により高精度の状態診断が可能になります。また、診断や異常検知だけでなく、水処理プロセスの最適化やポンプ施設の省エネ運転などの自動制御プログラムにも活用できます。
  • 水環境分野での総合機械メーカーとして機器を製造してきた長年の経験や、施設の維持管理で蓄積してきたノウハウをベースに、最新の通信技術・AI技術を取り入れ、監視・診断・制御技術のさらなる向上と製品開発へのフィードバックを進めていきます。

お問い合わせ

製品、サービスについてご不明な点は、下記よりお問い合わせください。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。