次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

プラスチック複合材

プラスチックの特性を向上させる機能性繊維

プラスチック複合材は、フィラーの形状がその諸特性に大きく影響を及ぼします。また、フィラーに特殊な機能を付与すれば、複合材の可能性はさらに広がります。
大径・長繊維の板状形状を有したクボタチタン酸カリウム「ティーザクス(TXAX)」は、樹脂との親和性が高いため、剛性、強度、摺動性、硬度、耐摩耗性といった力学的作用、熱膨張率、熱変形温度、断熱性などの熱的作用、絶縁性、誘電性、電磁波吸収性などの電気・磁気的特性の向上に効果を発揮します。

プラスチック複合材の物性

プラスチック複合材の物性:表

プラスチック複合材への製品適用例

高剛性摺動部材

シーリング

耐性プラスチックシート

製品SEM写真

TXAX-MA

TXAX-KA

TXAX-CT

物性値

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。