次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

摩擦材

環境に配慮したノンアスベスト(NAO)摩擦材料

ノンアスベストパッドは、NAO(ノンアスベストオーガニック)のノンスチール系、ロースチール系、セミメタリック系の3種類に大別されます。チタン酸カリウムは耐熱性、断熱性、耐摩耗性、摩擦係数の安定性、相手材低攻撃性(低モース硬度)、耐ノイズ性、耐ジャダー性などに優れることから、NAOの基本材料として使用され、一部のロースチールにも使用されています。
クボタチタン酸カリウム「ティーザクス(TXAX)」は、形状・大きさがアスベストによく似たウィスカー(針状単結晶繊維)とは異なり、独自の製法により、大径・長繊維化した板状形状を有します。米国環境保護庁(US-EPA)で認められた安全性の高いグリーンマテリアルです。

摩擦性能評価

効きのレベル、安定性
耐フェード性
耐摩耗性

自社で所有する1/10スケールブレーキダイナモメーターを用いて、効力、フェード、リカバリー、摩耗など、実際のブレーキに使用した場合の材料特性を評価。材料開発にフィードバックするとともに、お客様へ価値のある基本性能データを提供します。

ブレーキ材のトライボロジー解析

優れたブレーキ材料の開発には、トライボロジー解析が重要です。ブレーキパッドとディスクローター間の摩擦流動層(フリクションフィルム)やディスクローター表面の移着層(トランスファーフィルム)は、摩擦特性に大きく影響します。クボタではこれらの状態を分析し、材料開発に結び付けています。

摩擦試験後のブレーキパッド表面(TXAX-MA配合)
粘着性のある均一なフリクションフィルム
摩擦試験後のディスクローター断面(TXAX-MA配合)
ローター表面との結合性が高い均一なトランスファーフィルム

製品SEM写真

TXAX-A

TXAX-MA

TXAX-KA

TXAX-GP

GTX-C

物性値

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。