次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

KX-57-6E

  • 正確でスムーズな操作感・卓越した安定性!

    標準機の安定性と後方小旋回機の狭所作業性をもった KX-57-6E。
    狭い作業現場、傾斜地作業などハードな林業での作業に最適なKX-57-6E は伐採・集材・積み込み作業で頼りになるミニバックホーです。

    • KX-57-6E
      ※グラップルとウィンチは別売りのオプションです。

充実のアタッチメント対応性

サービスポート2系統

グラップルの開閉・回転を同時に行うことができ、効率的でストレスのない作業が可能です。
アタッチメント側に切り替え弁が不要なため、いろいろなアタッチメントの装着ができ、幅広い作業に対応できます。
また、比例制御のため微操作性が向上し、繊細な作業が行えます。
※写真はディーラーオプションのグラップル装着モデルです。

多彩な使用可能アタッチメント

グラップルをはじめ、ウィンチ・回転フォークなど使用可能なアタッチメントも多彩です。

手元比例制御スイッチ

アタッチメントは、手元比例制御スイッチの押し込み量に応じて自在にスピードコントロールができます。
サービスポート流量設定との組み合わせにより、あらゆる場面で最適なスピード・力で操作を行うことができます。
大切な商品である木材もソフトに安全に取り扱うことができます。

サービスポート流量設定

前置きデジタルメータでは、機体本体の各種情報表示の他にアタッチメントに応じて最適なサービスポートの流量を設定することができます。
左右20段階の設定ができ、設定したパターンは最大5パターンを登録できます。
アタッチメント取り替え時の油量再設定も登録したアイコンを呼び出せばワンタッチで行うことができます。

高い安定性とワイドな作業性

卓越した安定性と狭所作業性

KX-57-6Eはより安定性を高めるために、機体後部を290mm伸ばしました。
しかも、1,960mmと2mを切る車幅と相まって、狭い林道への進入性や樹木の間での作業も安心して行えます。
標準機ならではの安定性は、傾斜地での作業が多い林業に最適です。また、高い安定性を有効に活用できる1,820mmのロングアームを採用しています。

環境性能と高性能を両立

DPF搭載クリーンエンジン

新開発エンジンにはDPF(Diesel Particulate Filter)とCRS(Common Rail System)を搭載。排ガス低減をハイレベルで実現するクリーンなエンジンを追求し、排ガス規制 (オフロード法)2014年基準を達成しました。

ROPS/OPG対応のキャノピ・キャビン

キャノピ・キャビンともROPS(転倒時保護構造)、OPG(トップガードレベル1:落下物からの運転者保護)適合し、シートベルトも標準装備。キャビン仕様はオプションとなっております。
また、林業仕様にはフロントプロテクタ(ディーラーオプション)の取付が必要です。
ROPS:Roll-Over Protective Strucutures(ISO3471,JIS A8910適合)OPG:Operator Protective Guards(Top Guard) (ISO10262,JIS A8922適合)

主要諸元

機種KX-57-6E
機械重量(標準キャノピ仕様)5,500kg
全長5,520㎜
全幅1,960㎜
高さ2,550㎜
バケット幅/容量-
最大掘削高さ※BK装着時5,820㎜
エンジン型式V2607-CR-E4
エンジン 排気量/馬力/発電量2,615CC/48.3PS/35.5kw
燃料タンク量75L
作動油/種類45L/#46(32)
エンジンオイル/種類9L/DH2
冷却水8.1L
バッテリーサイズ115D31L
ピン径/アーム幅45π/145.0㎜
排ガス規制/低騒音規制4次排ガス/低騒音
ゴムパット(サイズ/枚数)400㎜/78枚

●仕様は予告なく変更することがあります。
●上記記載の数値は全て標準仕様のものです。

■KX-57-6E作業範囲 単位:mm


カタログデータはこちら

ページトップへ戻る