次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューに移動します。

クボタの事業と特徴

クボタは食料・水・環境分野の社会課題の解決に貢献する事業を、世界120カ国以上で展開しています。

機械事業では、稲作、畑作向けの農業機械や建設機械、自社の機械に搭載されるエンジンを
日本や北米、欧州、アジアで展開し、世界の食料生産や産業発展を支えています。
水・環境事業では、ダクタイル鉄管やバルブ、ポンプ事業、環境プラント事業が
日本・欧州・アジア・中東などの水インフラ整備に貢献しています。

食料・水・環境という人々の生活に欠かせない領域の底堅い需要に支えられながら、
事業を通じて社会課題の解決と持続可能な社会に貢献することにより、
長期にわたる持続的発展をめざします。

機械事業

農業機械・エンジン部門

農業機械

長年、農業の現場で培ってきた技術を活かして、稲作・畑作向けの農業機械を手掛けています。グローバルで総生産台数510万台以上(累計)に達するトラクタを始め、多くの農業機械が世界の食料生産を支えています。

農業関連商品

トラクタの後部に接続するインプルメント(作業機)や、野菜・果樹向け関連機械を始め、農業の現場のニーズに寄り添った多岐にわたる製品群で農家をサポート。農業機械とともにグローバルで食料生産を支えています。

エンジン

社内搭載及び外販合わせ、産業用エンジンは約3,000種類をラインアップし、多種多様なニーズに対応。厳しい排ガス規制をクリアする高い環境性能をもつエンジンを提供しています。産業用小型エンジンのリーディングカンパニーとして世界の産業発展と環境保全に貢献しています。

建設機械部門

建設機械

ミニバックホー販売台数は20年連続でグローバルNo.1*を獲得。北米で需要が高いコンパクトトラックローダ、スキッドステアローダは、アタッチメントを含めユーザーニーズに応えるラインアップを揃え、世界で住環境の向上に貢献しています。*「Off-Highway Research 2021」より

水・環境事業

パイプインフラ関連部門

ダクタイル鉄管・合成管・官需向けバルブ

地震に強い耐震型ダクタイル鉄管、配水ポリエチレン管など、クボタの水道管は世界的に高い評価を受け、70カ国以上に納入。安定的な水の供給の要となるバルブとともに、国内外の水インフラをトータルでサポートしています。

素形材・スパイラル鋼管

素形材とは、素材に熱や力を加えて形成された部品・部材のこと。スパイラル鋼管は、らせん状に成形・溶接された鋼管で、橋梁や建築の基礎などに用いられます。
クボタが作る高い品質と信頼性を備える素形材・スパイラル鋼管は、石油化学、鉄鋼、土木、自動車関連などの分野で広く活用されています。

空調機器等

クボタは快適かつ安心・安全な環境を整える空調機器を手掛けています。オフィスビルや病院、工場や研究施設など大規模な建築物に対応した製品を開発し、ますます高まるクリーンな空気環境へのニーズに応えています。

環境関連部門

各種環境プラント・ポンプ・民需向けバルブ

安全な水の供給と再生を行う水処理プラント・機器、災害対策にも寄与するポンプ、各種プラントを支えるバルブ、生活や事業活動から排出された廃棄物を循環させる環境リサイクルプラントなど、社会の要請に応じて技術を開発。地球環境に優しく、安心・快適に暮らせる生活環境の創造に貢献し続けています。

世界の各地域で展開する
クボタのビジネス

クボタは、日本、北米、欧州、アジアを中心に展開している各事業の主力ビジネスにおいて、現地生産・現地販売を行っています。
競争力のある市場を軸に、各地域におけるニーズに適合した製品・ソリューションを展開することで、事業シェアの拡大をめざしています。

2021年12月期売上高

成長ドライバー

中期経営計画で定めた通り、以下の事業を2025年に向けた成長ドライバーと位置づけます。

北米:建設機械事業

製品ラインアップの拡充と、現地における開発・生産・販売の一体運営により、大幅なシェアアップをめざします。

アセアン:機械事業

都市化の進展を背景に、農機・建機のさらなる販売増をめざします。

機械/アフターマーケット事業

グローバルレベルでの豊富な稼働機械を活かして、「販売後の事業」の拡大をめざします。

機械・ベーシック市場への参入

今後拡大が見込まれるベーシック市場に参入、インドおよび新興国を中心に販売増をめざします。

より詳しい情報はこちらからご覧ください。