KUBOTA GLOBAL INDEX  
クボタトラクタの進化-3 新しい農業の提案──パワクロ
 
新潟の農業ニーズが生んだ水田用のパワクロ
 クボタが北海道の農家や販売会社とともに作り上げたパワクロ。広大な畑作の耕作用として評価は高かったものの、水田用としてはどこまで通用するか当初は未知数だった。そうした中でパワクロの魅力にいち早く着目したのが、米どころとして農業機械の性能に敏感な新潟の大規模農家だった。販売会社である株式会社新潟クボタの社長、吉田至夫氏によると「クボタが実施した実演を見て、湿田でのスムーズな走りに目を奪われた人は多かった」という。
 もっとも、畑作用のパワクロがそのまま水田用として利用できるわけではない。農家からは改善を求める声が数多く寄せられた。それはパワクロを否定するのではなく、むしろ期待の大きさを表わしていた。そしてメーカーであるクボタと販売会社の新潟クボタの両社による水田用パワクロの開発が始まった。新潟クボタで営業とサービスの両方を手がけた経験を持つ前田弘一氏は、「私たちが新潟の農家の声を集めて、開発部門に伝えました。農家の方々から、あたかもご自身が開発しているかのように改良に向けてのご意見やアイデアを出していただけたことが、水田用パワクロの誕生に大きく貢献したといえます」と語っている。こうしたことはクボタと農家との長年にわたる厚い信頼関係があってこそ生まれるものにほかならない。
 クボタでは農家の意見を取り入れ、改良を急ピッチで進めた。たとえば、パワクロの技術の核心である揺動支点の位置一つとってみても、畑作用と水田用では微妙に異なる。それは机上の計算で解決できるものではなく、圃場で実際に農家の人が使ってみて初めて分かることだ。また、エンジンに対して一回り大きな車体を採用し強度をアップしたり、クローラも水田用に新たに開発した。こうした改良を重ねることで、湿田でも沈むことなく、スリップもせず、しかも耕盤を傷めることのない水田用パワクロができていったのである。

■パワクロの生んだ思わぬメリット
 開発途上では思わぬメリットも発見された。それが田のあぜ塗りだ。縁の土を壁のように固めて水漏りを防ぐあぜ塗りは、高い技術が必要な仕事の一つとされてきた。あぜ塗り用のインプルメントが発売されていたものの、ホイール機では地面の凸凹によって車体が振られることがあり、一直線のあぜをつくるのが難しかったのである。場合によっては機械でのあぜ塗後、さらに人がスコップやクワで補修して歩かなければならず、多くの手間と時間を要した。
 ところが、パワクロであぜ塗りを試したところ、直進性に優れているため驚くほど真っすぐにあぜができることがわかったのである。これだけでも農家にとっては大幅な省力化につながる。
 また、吉田社長は「ホイール機と異なり、パワクロで荒起しや代かきを行った後は田植えが楽にできた」という感想を複数の農家から聞いた。これはクローラのおかげで田面が均一になるからにほかならない。ホイール形トラクタだとタイヤが30cmほど潜ってしまうため、耕盤が平らにならない。その点、パワクロのクローラの沈下は15cmほどで耕盤が平らのまま。そのため田植えが従来に比べて楽にできるという理屈だ。耕盤が安定していると、田植えやコンバインによる刈り取り作業の精度が高まり、収量の増大や安定収量にもつながる。
 こうしたことが農家の間で口コミで広がり、パワクロに対する人気は一気に高まった。湿田などこれまでホイール形トラクタでは入ることができなかった圃場で、新たにパワクロを導入した農家などは「パワクロは救世主」とまで語っている。また、雪解け時の軟弱な土壌において春の農作業がいち早くできる点も農家にとっては大きなメリットであった。
 新潟市内で法人組織として水稲や大豆、麦などを大規模に栽培している有限会社白銀カルチャー(⇒有限会社白銀カルチャーの取り組み)の社長、吉田一幸氏もまた実演を目の当たりにしてパワクロの魅力にとりつかれた一人だ。一番のメリットとしてやはりあぜ塗りを挙げている。「あぜが曲がることなく真っすぐ仕上がる。たとえ失敗してもやり直しができるので便利です」。このほか、牽引力に優れている、高速走行ができるといったメリットがあるという。「従来のトラクタは雨に弱いが、パワクロだとそれが可能になる。うちだけ作業をしていると、周囲の農家が見学に来ます」。41haもの広大な農場を経営する白銀カルチャーでは新たにトラクタの購入を予定しているが、「もちろんパワクロにしたい」と述べている。
有限会社白銀カルチャー社員の皆さん
 
株式会社新潟クボタ
株式会社新潟クボタ社長・吉田至夫氏
株式会社新潟クボタ・前田弘一氏
パワクロの技術を水田用として育てた米どころ新潟の広大な水田
優れた直進性でまっすぐに仕上がる「あぜ塗り」
 
拡大マーク Zoomアイコンのある画像をクリックすると別ウインドウで拡大表示されます。 前のページ   次のページ
 
 
Copyright 1992-2008 by KUBOTA Corporation All rights reserved.  
クボタホーム トップページ 次回の予告 バックナンバー 水 環境 農業 暮らし ものづくり