KUBOTA GLOBAL INDEX  
クボタトラクタの進化-1 純国産トラクタの誕生
 
エンジンから車体まで純国産のトラクタを初めて開発
クボタ農工用石油発動機第1号機(1922=大正11年製造)
 クボタが乗用トラクタの開発に着手したのは、1957年(昭和32)のこと。当時、ディーゼルエンジンの分野で抜きんでた技術を持っていたことから、その技術を応用して国産トラクタの開発という難しい課題に取り組んだ(⇒国立科学博物館:産業技術史資料データベース「農業機械技術」)
 この分野にクボタが進出した歴史的な背景には、1890年(明治23)に鋳物製品を手がけ、1917年(大正6)にはエンジン鋳物の技術を開拓したところからエンジン分野に参入したことが挙げられる。大正時代にスチームエンジンと農工用石油エンジンを相次いで開発。1922年(大正11年)に農工用石油発動機の製造を開始した。そして、1927年(昭和2)にはディーゼルエンジンを開発してきた(⇒クボタ沿革)
 中でも石油エンジンは潅(かん)がい用のポンプやもみすり機の動力として各地で用いられるようになった。当時は人力による水田への潅がいが重労働の一つだっただけに、エンジンの誕生は農業の機械化を進め、農業生産力の向上に大きく貢献した。
クボタ船出町工場内のディーゼルエンジン組立工場(1932=昭和7年)
国内初の畑作用乗用トラクタT15形(1960=昭和35年)
 クボタが農業機械の分野を開拓した理由は、鋳物技術の活用がきっかけとなっているとともに、創業者である久保田権四郎の思いも少なからず影響を及ぼしていた。農家の末っ子に生まれた彼は、農家の苦しい暮らしをだれよりも痛感しており、農家の生活向上が事業テーマの一つとなったのである。
 このように、クボタでは戦前から農業分野における機械製品を送り出してきた経緯があったのに加え、戦後になると1950年(昭和25)に農家が手軽に使える石油エンジンをいち早く開発。海外からディーゼルエンジンの製造技術を導入することで、6〜30馬力のラインナップを完成させていたことが強みとなっていた。
 初期の乗用トラクタを開発したクボタの技術者たちは、北海道の農家に長期間泊まり込み、農作業の手伝いをしながらトラクタに求められる機能を追求していった。それを基に設計と試作、テスト運転を繰り返したのである。特に耐久性についてのテストは厳しく行われ、600時間を超える連続運転や、兵庫県の城崎から大阪・堺工場までの耐久走行テストを実施したほどだ。
 こうした努力の結果として誕生したのが、国産初の畑作用乗用トラクタ「T15」である。開発に取り組んでから3年後の1960年(昭和35)のことだ。燃料にディーゼル軽油を使用。車体重量は900kgという軽量でありながら、15馬力という当時としては画期的なパワーを誇っていた。エンジンおよび車体ともにオール純国産のトラクタは、クボタだからこそなし得た製品といえる。 現在、T15は大阪府堺市の堺製造所のショールームにて最新鋭の機種とともに展示されている。コンパクトでムダのないボディは今でも輝きを失っていない。農家に滞在しながら農業に貢献できるトラクタづくりに奮闘した開発担当者の熱意が伝わってくるようだ。
 
拡大マーク Zoomアイコンのある画像をクリックすると別ウインドウで拡大表示されます。 前のページ   次のページ
 
 
Copyright 1992-2008 by KUBOTA Corporation All rights reserved.  
クボタホーム トップページ 次回の予告 バックナンバー 水 環境 農業 暮らし ものづくり