130 Years

1890年の創業からクボタは一歩一歩、
様々な壁を越えてきました。
この美しい地球と
そこに暮らす人々の未来のために、
これからも「食料・水・環境」の課題に
挑み続けます。

F o o d ,
W a t e r ,
E n v i r o n m e n t

⾷料・⽔・環境に関わる
社会課題を解決

  • Food

    世界の食を支え、
    人と食の豊かな未来を担う

    クボタは、畑作と稲作の両方をカバーする世界有数の農業機械メーカーです。クボタならではの「現場主義」で農家の声に耳を傾け、お客様のニーズに合った製品を開発し、世界の農業を支えています。

  • Water

    安全な水を
    世界の一人ひとりに届ける

    クボタの水事業は約130年前、日本初の水道用鉄管の製造から始まりました。今では水循環のあらゆる場面で製品・サービスを提供しています。水の国、日本で培われた技術と製品で、限りある地球資源を守り、安全な水を世界中の一人ひとりに届けます。

  • Environment

    より多くの人の、
    より良い暮らしを支える

    人びとの生活や産業を支える動力源としてのエンジンや都市整備に貢献する小型建設機械や芝刈り機、更には精密機器や材料まで、クボタのテクノロジーは、地球環境保全と経済や産業の発展を両立しながら、豊かな暮らしを支えています。

G l o b a l
E x p a n s i o n

現地のニーズに合わせて
グローバルに事業を展開

  • 全連結会社

    187

  • 全従業員数

    41,027

  • 海外売上高比率

    2000年

    18.7%

    2010年

    46.1%

    2019年

    67.4%

  • 欧州

    連結会社
    42
    従業員数
    3,958
  • アジア

    連結会社
    41
    従業員数
    8,417
  • 日本

    連結会社
    59
    従業員数
    22,726
  • その他

    連結会社
    10
    従業員数
    384
  • 北米

    連結会社
    35
    従業員数
    5,542
  • トラクタ全世界総生産台数

    400万台以上

  • エンジン世界総生産台数

    3,000万基

  • タイのトラクタシェア
    アジアのコンバインシェア

    No.1

  • エンジンのラインナップ

    2,000種類

    欧州の排ガス規制

    Stage V対応

  • ミニバックホー販売台数

    18年連続世界1

    ※2002年から。
    「Off highway research 2019」より。

  • 国内高度浄水処理施設における
    クボタ処理装置採用率

    80%

    ※活性炭処理水量ベース

  • ダクタイル鉄管世界納入実績

    70か国以上

C o r p o r a t e
H i s t o r y

技術的に優れているだけでなく、
社会の皆様に役立つものでなけれ
ばならない。

創業者 
久保田 権四郎

1890年鋳物メーカーとして創業
日本で初の「水道用鉄管」の
製造に成功

  • 国内
  • グローバル
  • 1890

    1890年 大阪市南区で創業

  • 1893

    1893年 水道用鉄管の製造を開始

  • 1922

    1922年 農工用石油発動機の製造を開始

  • 1947

    1947年 耕うん機を開発

  • 1960

    1960年 畑作用乗用トラクタT15形

  • 1962

    1962年 上水・下水などの環境整備事業へ進出

  • 1974

    1974年 小型建機ミニバックホーの製造を開始

  • 1987

    1987年 コンピュータ事業に参入

  • 1990

    1990年 創業100周年・「クボタ」に社名変更

  • 2005

    2005年 トラクタ累計生産台数300万台達成

  • 2008

    2008年 社会貢献活動「クボタeプロジェクト」開始

  • 2010

    2010年 環境省より「エコ・ファースト企業」に認定

  • 2011

    2011年 世界で初めて
    米国CARB第4次排ガス規制に対応

  • 2012

    2012年 世界共通の企業理念
    「グローバル・アイデンティティ」制定

  • 2014

    2014年 ICTによる農業支援システム「KSAS」開発

  • 2020

    創業130周年



  • 国内での取り組み

  • グローバルでの取り組み

  • 1917

    1917年 鉄管2,000tを
    ジャワ(現・インドネシア)に初輸出

  • 1932

    1932年 オランダより相次いで鉄管を受注

  • 1960

    1960年 わが国初の海外水道工事を竣工

  • 1972

    1972年 初の海外トラクタ販売拠点をアメリカに設立

  • 1976

    1976年 ニューヨーク証券取引所に株式上場

  • 1980

    1980年 エジプトより砂漠緑化システムを受注

  • 1989

    1989年 ドイツで小型建機の製造開始

  • 1989年 北米でトラクタ用作業機の製造開始

  • 1998

    1998年 中国でコンバイン事業を展開

  • 2004

    2004年 北米新製品・多目的四輪車
    「UV」が大ヒット

  • 2009

    2009年 タイで日系企業初のトラクタ生産工場が竣工

  • 2010

    2010年 中国にポンプの製造・販売会社を設立

  • 2012

    2012年 ノルウェーの作業機器メーカーを子会社化

  • 2013

    2013年 カンボジアとラオスに農機販売会社を設立

  • 2014

    2014年 フランスに大型畑作用トラクタの
    生産会社を設立

  • 2020

    創業130周年



  • 国内での取り組み

  • グローバルでの取り組み