次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

研究開発

未来を支え続ける技術を

お客様に感動を与える製品を作りたい その想いが新たな技術を生み出し、新しい市場を創り出す。食料・水・環境の分野において常に新しい価値を創造し続けること。そして、それを世界中に届けること。 お客様に感動を与える製品を作りたい その想いが新たな技術を生み出し、新しい市場を創り出す。食料・水・環境の分野において常に新しい価値を創造し続けること。そして、それを世界中に届けること。

その技術は地球と人類のために。 クボタの情熱が描いた発展・進化の軌跡 その技術は地球と人類のために。 クボタの情熱が描いた発展・進化の軌跡

米一粒・水一滴から国づくりまで、幅広い事業領域で美しい地球環境と人々の豊かな暮らしを支えるクボタ。鋳物から始まったクボタがどのようにその技術を磨きあげてきたか。環境と人々に寄り添うクボタの情熱が描いた、その発展と進化の軌跡をご紹介します。

研究開発ストーリー

クボタは世界の食料・水・環境のさまざまな課題に対して日々研究を重ねています。地球と人類の豊かさの実現のために、クボタが行う取り組みを紹介いたします。

  • コンバイン
  • KSAS

農家の収益向上、市場に対して製品価値の高い農産物、競争力ある農業経営を生み出す「未来農業」をクボタは実現します。

  • エンジン

高効率、省エネルギー、そして使う人や環境にも配慮した高い総合力。それこそがクボタが目指す理想のエンジンの在り方です。

  • 膜システム

新たな可能性を生み出す再生技術。排水の再利用を可能にするクボタの液中膜®が水問題を解決します。

  • トラクタ

「インドをクボタのトラクタでいっぱいにしたい」世界最大のトラクタ市場に挑むクボタが、まず始めたのはその地域性を理解することでした。

  • 建設機械

クボタの強みである現場主義を活かし、エンジニア自らが現地での使われ方や人々の暮らしを体験することで、中国での過酷な稼働に耐えうる7トンバックホーを開発しました。

クボタ技報

クボタでは毎年、当社の最新技術や新製品について技術論文集「クボタ技報」として公表しています。

No.50 特集テーマ 「グローバルな研究開発で食料・水・環境分野の課題解決を目指すクボタ」

クボタの製品は、およそ130年前から着実に培われてきた確かな技術をベースに日々発展・進化し続けています。クボタ技報では、世界中の拠点で行われている、クボタの研究開発の最新情報をご覧いただけます。

グローバル研究開発拠点

各地域で異なるニーズをしっかりと捉えるために、クボタの研究開発拠点は世界に拡がっています。

クボタ北米水環境研究所 SKC KAMS
  • 研究開発拠点
  • テクニカルセンター

クボタ製品の変遷と進化

「自分の魂を打ち込んだ品物を作り出すこと、又其の品物には正しき意味に於ける商品価値を具現せしむること」

創業者 久保田権四郎

鋳物の製造・販売から始まったクボタの歴史。その後120年以上に渡り、様々な種類の製品開発を通じ、人々の生活と環境を支え続けてきました。

研究開発ムービー

クボタが描く営農の未来は、求められる作物を求められる時期に求められる量だけつくれること。この動画ではクボタが提供している農業とICTの融合を実現するKSAS(クボタスマートアグリシステム)を中心にクボタが考える未来の農業を描いています。クボタは精密農業を通じて最適共有を可能にし、担い手の皆さんと営農の未来を共に歩んでいきます。

未来農業今、世界では農業人口の減少が進み、食料の確保が世界規模で課題となっています。そこで注目を集めているのが農業とICT(インターネット・コミュニケーション・テクノロジー)の融合です。食料を安定的に世界中に届けるために。農業と農業機械を知り尽くしているクボタだからこそ、本当の意味での未来に向けた農業を提案できると確信しています。この動画では、「農業×ICT」の取組みについて、クボタのビジョンを紹介します。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。