次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

農業機械事業

  • 畑作から稲作まで。あなたを支えるパートナー

    クボタは、畑作と稲作の両方を手がける世界有数の農業機械メーカーです。製品やサービスを通して、農業に関するソリューションを提供し、人々の暮らしを支え続けています。クボタの農業機械開発の歴史は、そのまま日本農業の進化の歴史であり、業界の進歩・発展に貢献してきました。この精神は海外でも発揮され、各国の農業を次のステージへと牽引しています。クボタの特長の一つが現場主義。私たちは農家に寄り添い、真に求められる農機の開発や、サービスの提供を目指しています。クボタは、単なる農業機械メーカーとしてではなく、農業を支える会社として、これからも農家とともに、次の農業を描いていきます。

    Pick Up
    130馬力以上のクボタトラクタ、「M7シリーズ」

    130~170馬力を擁するクボタの新たな主力製品、畑作用大型トラクタ「M7シリーズ」。クボタは、 2013年5月に買収したノルウェーのトラクタ装着用作業機器メーカー・クバンランド社とともに、日本だけでなく欧州や北米でも畑作用農機事業を展開しています。

  • 稲作のスペシャリスト

    日本生まれのクボタは、日本の米づくりを支えてきた稲作のスペシャリストです。クボタの稲作技術の発展は、農家とともにありました。農家の問題やニーズに耳を傾け、どうすれば解決できるかを考え抜き、情熱を持って挑戦してきました。その結果、育苗から耕作や代掻き、田植え、収穫、乾燥、脱穀、精米、貯蔵・炊飯まですべてのプロセスを手がけています。クボタはこれからも稲作のプロフェッショナルとして、技術革新を続けていきます。

    Pick Up
    自動炊飯器「ライスロボ」
    高品質のお米を提供するのはもちろんのこと、人々に美味しい食べ方を知ってもらうことも稲作のスペシャリストとしての大切な使命です。そのためにクボタは、高性能な業務用自動炊飯器「ライスロボ」を開発しました。香港やシンガポールなどの海外でも、おいしいお米の味を伝えるために活躍しています。
  • ICT活用による次世代農業の到来

    クボタは、情報通信技術(ICT)を活用したクボタスマートアグリシステム(KSAS)を展開しています。KSAS対応農機から集めたデータを利用し、作業情報を見える化することで、毎年の生産量と品質を向上させ、稲作の効率化を支援します。クボタの高性能な農業機械とIT技術を融合させたこの革新的な技術で、「儲かる農家」の実現を可能にしました。今日、農業人口の減少は、日本の農業に多大な影響をもたらしていますが、このような新技術により、農業経営がより高収益で効率的になることで、若い世代の人たちにとっても魅力あるものになります。次世代の農業の土台を作ること。それも私たちの課題です。

    Pick Up
    味がわかるコンバイン

    現在クボタが販売しているコンバインには、収穫と同時に、お米の味を左右する水分含有率・タンパク質含有率を測定するセンサを搭載したものがあります。まさに、味がわかるコンバインです。この収集されたデータにより、どの水田のお米が美味しいかをコンバインが教えてくれます。

  • 信頼できるアフターサービス、部品供給・メンテナンスのサポート

    世界中に展開されたサービスネットワークを通じて、クボタは、製品購入後の部品サポートを行い、稼働率向上を実現します。私たちは、お客さまに満足していただくため、各地の市場における部品在庫を充実させ、部品充填率の向上を図っています。
    クボタは製品の高い性能と効率を維持し、より長く使い続けていただくためのサービスを提供します。

    Pick Up
    賃刈り屋の長距離の旅をサポート―中国

    中国では、農家が自身で収穫しきれない程広大な作物畑の刈り取りを、賃刈り屋が請け負っています。彼らは、収穫期になるとコンバインをトラックに載せ、北から南へと移動します。賃刈り屋の実りある遠征を支えるため、クボタのサポートチームは彼らとともに中国全土を走り、問題があった時の対応はもちろんのこと、時には収穫についてや、より効率的なコースのアドバイスをしたりします。

Lineup

Topics

関連情報

現場主義の研究開発はクボタの真骨頂です。農業、水、生活環境のエキスパートとして、食料、水、環境の問題に挑み、未来を切り開きます。

世界中で確かな評価と信頼を得ているクボタの技術と製品。世界中のありとあらゆる場所で、クボタはあなたの生活を支えています。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。