次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

欧州ノンロードディーゼル第5次排出ガス規制(EU StageⅤ)に適合~小型ディーゼルエンジンの認証取得~

2017年11月22日

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区 代表取締役社長 木股 昌俊、以下「当社」)はこのたび、地球環境保全意識が高まるなか、更なる環境負荷低減を目的として2019年から始まる欧州ノンロードディーゼル第5次排出ガス規制(EU StageⅤ)に対応する19kW未満(25.5馬力相当)の小型ディーゼルエンジン(11型式)の認証を取得いたしました。
今回認証を取得したディーゼルエンジンは、当社のトラクタ・コンバインや建設機械に搭載するほか、海外の大手建設機械・産業機械メーカー、発電機・溶接機メーカー等にOEM供給いたします。

産業用水冷ディーゼルエンジン『D902』

1.認証の概要

認証取得日 2017年10月27日
認証機関 Kraftfahrt-Bundesamt
(German Federal Motor Transport Authority)
認証モデル 産業用水冷ディーゼルエンジン(11型式)
D782,D722,Z482,Z602,D902,D1005,D1105,D1305,V1505,D1703,V2203L

2.欧州ノンロードディーゼル第5次排出ガス規制(EU StageⅤ)について

  • 欧州においてノンロード移動機械に搭載されるエンジンに対する新しい規制(REGULATION(EU)2016/1628)が2019年から2020年にかけて実施されます。
  • この新しい排ガス規制は、現在実施されている排ガス規制(Directive 97/68/EC)が第4次段階(StageⅣ)であることから、通称StageⅤ規制と呼ばれており、出力カテゴリーによる違いはありますが、概して日米欧の現行の排ガス規制よりもう一段階厳しいレベルとなっています。
  • これまで19kW未満(25.5馬力相当)のディーゼルエンジンは規制対象外でした。
製品に関するお問い合わせ
エンジン事業推進部 (TEL:06-6648-3510)

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。