次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

農業・水環境分野における新たなサービスと実証実験を開始
~NTTグループとの連携により課題解決を推進~

2017年10月10日

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:木股昌俊、以下 当社)は、日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦博夫、以下 NTT) と共同で、ICT・AI技術を活用した新たなサービスと実証実験を開始します。

1.取り組みの背景とこれまでの経緯

  • 農業分野では、農業所得・農業経営体の減少、高齢化や後継者不足が課題であり、省力化・コスト低減・品質管理技術の確立・普及に伴い、ロボットやICTを活用したスマート農業の実現が期待されています。
  • 一方、水環境分野では、人口減少時代に大幅な改築・更新が進まず老朽化が進むインフラ設備に対して、極力人手がかからない効率的で安心安全なオペレーションが期待されています。
  • このような状況の中、当社とNTTグループは、2016年6月にICT活用による農業の競争力強化と快適な生活環境の実現を目指し、「農業・水・環境インフラ分野におけるICTイノベーション創出に向けた連携協定」を締結し(※1)、NTTグループのICTサービスや先端技術(AI関連技術corevo®(※2))等を活用して、当社のお客様である農家や自治体等の課題を解決するサービスの検討を進めてきました。
  • 既に当社では、水環境分野におけるICTを活用した新サービス「KSIS:クボタスマートインフラストラクチャシステム」を用い、NTTグループと連携して、下水処理場等のシステム点検・省人化を目的としたLPWA無線通信、気象情報を活用した河川や下水道の状況モニタリング、騒音環境下でも点検作業時記録や指示事項の音声入力が可能なマイクや音声認識技術等のICTを活用した実証実験を実施しています(※3)。
  • 今回、農業分野では農作業の省力化と精密化を目指すスマート農業の実現と、水環境分野では水環境設備等の高度なオペレーションによる省人化と安心安全で持続的なインフラの提供を目的とし、新たなサービスと実証実験を開始します。

※1 参考URL http://www.kubota.co.jp/new/2016/16-15j.html
※2 「corevo®」は日本電信電話株式会社の商標です。
※3 参考URL http://www.kubota.co.jp/new/2017/17-30j.html

2.農業分野での新たな取り組み

(1)気象予報を提供する「my天気予報」機能を追加
  • 当社は、営農支援システム「KSAS:クボタスマートアグリシステム」に、農業に必要不可欠な気象予報を提供する「my天気予報」機能を追加し、本年6月から新たなサービスを開始しています。
  • NTTグループの気象会社である「株式会社ハレックス」から提供を受ける、1km単位・48回/日更新の詳細な気象情報をもとに、降雨量や風向・風量などを加味した緻密な作業指示により、作業の効率化を目指します。
(2)「水田センサ」の実証実験を開始
  • 稲作に必要な水位管理において、「水田センサ」の実証実験を本年8月から開始しています。NTTグループが有する低消費電力なLPWAネットワークを活用し、スマートフォン等で遠隔に水位・水温のデータを把握することにより、稲作地帯という広範囲エリアにおける水田見回り作業の削減や省力化の可能性を確認します。
  • 当社は実証実験の結果に基づき、「水田センサ」によって収集した情報をKSASに取り込み、圃場の見える化を進めます。
  • NTTグループが提供するこの「水田センサ」は、当社の農業機械販売網において2018年を目処に販売を開始する予定です。
  • 水田センサ
  • KSAS:水田センサ収集データ連携イメージ

※NTTグループは、2017年10月11日~13日に幕張メッセで開催される「第4回 国際 次世代農業EXPO」で、本内容を展示します。

3.水環境分野での新たな取り組み

  • 水環境分野では、民間の排水処理施設に設置されている液中膜(※4)の監視について、監視の効率化と精度向上に向けて、本年8月から共同研究を開始しています。
  • 研究内容は、NTT研究所が保有するAI技術corevo®の異常検知技術とオープンソース機械学習処理基盤Jubatus(※5)を用いて、従来は人手をかけて監視していた液中膜にかかる圧力や運転稼動情報等のデータを解析するものです。
  • 今回、このデータ解析技術の早期商用化を目指し、実稼働データによる実証試験を開始します。

Jubatusを用いた液中膜監視の省力化イメージ

※4 参考URL http://env.kubota.co.jp/ekityumaku/index.html
※5 参考URL http://www.ntt.co.jp/RD/hotkeywords/vol3_jubatus_part1.html(ユバタス)
ユバタスとは、NTTソフトウェアイノベーションセンタと株式会社Preferred Networksが共同開発した、オープンソースのオンライン機械学習向けリアルタイム分散処理基盤です。

4.今後について

  • 農業分野では、遠隔監視下における無人状態での農業機械の自動走行や各種データ解析による営農支援サービスについて連携して取り組みを進め、超省力・軽労化による農家の人手不足の解消や高収量・高品質の実現を目指します。
  • 水環境分野では、液中膜に加えさまざまな設備のAIによる監視技術の確立を行い、更なる効率化と安心安全なインフラの提供を目指します。
  • 今後も社会が抱える課題解決に向けて、当社とNTTグループが連携し、新たなイノベーション創出につながるサービスや技術開発を進めてまいります。

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。