<

ニュースリリース

2015年9月16日

ミャンマーで農業機械の販売を強化 〜販売会社を設立し、ディーラー網・サービス体制を拡充〜

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:木股昌俊)は、ミャンマーの農業機械販売会社「Kubota Myanmar Co., Ltd.」(株式会社クボタが80%出資、SIAM KUBOTA Corporation Co., Ltd.が20%出資)を設立いたしました。
今後、新会社を通じてミャンマーのディーラー網とサービス体制を強化し、農業機械事業を更に拡大します。

1.新会社設立の背景と狙い

  • ミャンマーの総人口及び米生産量は、タイとほぼ同等ですが、農作業の大半は人力と役牛に依存しており、今後農作業の機械化が進展する見通しです。
  • 2011年よりタイのSIAM KUBOTA Corporation Co., Ltd.(株式会社クボタが60%出資、Cementhai Holding Co., Ltd.が40%出資)が、ディストリビューターを通じて、ミャンマー国内で農業機械を販売してまいりました。このたび、更なる事業拡大のため、ミャンマーに販売会社を設立することといたしました。
  • 当社の販売会社が直接ミャンマーで事業活動を行うことで、当社が日本・アジア等の地域で培ってきた農業機械の販売のノウハウを活かし、ディーラー網の構築、サービス体制の強化を推進し、機械事業の更なる拡大を図ります。

2.新会社の概要

会社名 Kubota Myanmar Co., Ltd.
設立 2015年9月8日
所在地 ミャンマー連邦共和国 ティラワ経済特区
資本金 23.8百万USドル
出資比率 株式会社クボタ80%、SIAM KUBOTA Corporation Co., Ltd. 20%
事業内容 ミャンマーにおけるトラクタ、コンバイン、田植機、耕うん機、ディーゼルエンジン及び建設機械の販売、そのサービス

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ