次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

ミャンマー連邦共和国で食品工場の水処理施設建設工事を受注

2015年7月28日

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長 木股 昌俊、以下「当社」)は、ミャンマー連邦共和国のティラワ経済特区ゾーンA地区において、即席麺製造工場水処理施設建設工事を、エースコック株式会社(本社: 吹田市 代表取締役社長 村岡 寛)の現地法人であるACECOOK MYANMAR COMPANY LIMITED (所在地:ミャンマー連邦共和国ティラワ経済特区内、取締役社長:平野 彰)より受注致しましたので、下記の通りお知らせします。

1.受注案件概要

契約先 ACECOOK MYANMAR COMPANY LIMITED
請負範囲 即席麺製造工場向け用水・排水処理施設建設工事
納入場所 ミャンマー連邦共和国 ティラワ経済特区ゾーンA地区 B20区画
稼働開始 2017年4月(予定)

2.背景

ミャンマーでは経済成長に伴い、加工食品の需要増加が見込まれております。これまでエースコックミャンマー社は、ミャンマーの伝統的な麺食文化を背景に、現地で即席麺の販売を展開しております。今回、ミャンマーでの事業をさらに推進するため、現地生産を開始することを決定しました。新工場には、最新鋭の生産設備の導入が計画されており、現地で好まれる味の即席麺を提供するだけでなく、高品質な日本水準(ジャパンクォリティー)の製品供給体制の構築を目指しております。
このたび当社は、安心・安全な水の供給と、排水の適正処理を提供するだけでなく、現地での用水・排水処理施設の点検・メンテナンス活動を通じて、エースコックミャンマー社の安定操業を支援できることが評価され受注に至りました。

3.今後の展開

ミャンマーでは急速な民主化と経済改革が進んでおり、今後もさらなる経済成長と外資系企業の進出が予想されます。当社は、国内外で培った水処理エンジニアリングの技術と、現地での維持管理支援サービスを通じて、工業団地のインフラ建設だけでなく、入居企業向けの水処理設備の提供を通じて、ミャンマー経済の持続可能な経済発展に貢献していきます。

本件に関するお問い合わせ先
水・環境海外部 海外営業グループ(TEL:03-3245-3355)

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る