ニュースリリース

2014年09月26日

新開発の畑作用トラクタが完成

株式会社クボタ(本社 大阪市浪速区:社長 木股昌俊)が畑作市場への本格参入に向けて開発を進めてきました、畑作用トラクタがこのたび完成しましたのでお知らせします。
フランスの畑作用トラクタ製造会社「クボタファームマシナリーヨーロッパS.A.S」にて、2015年4月から量産を開始し、欧米を中心とした畑作市場に順次投入してまいります。

1.概要

【シリーズ名】

M7シリーズ

【発売日】

2015年4月から順次販売予定
(国、地域により発売時期は異なります)

【型式】

130〜170馬力帯に3タイプのグレードのラインナップ
(国、地域により発売型式は異なります)

【主な特徴】

[1] 操作容易性
  • 精密農業をはじめ技術の高度化に伴い機器操作の難易度が高まる中、メーターパネル等にトラクタとインプルメントの情報を分かりやすく表示するとともに、複数の機能を一つの画面でコントロールできるタッチスクリーンを採用するなど、「使いやすさ」と「分かりやすさ」を追求しました。
[2] 低コスト・精密農業を実現する技術
  • エンジン・トランスミッション・油圧機能・インプルメントを一体的に制御し、トラクタの最適性能を引き出すことにより、高い作業効率を発揮し、種苗や肥料・薬剤などの資材費や燃料費の節約を実現します。
[3] 長時間作業の快適性
  • ワイドキャビンのほか、主要な操作系を手元に集中配置し、長時間作業でも疲れない快適な運転空間を実現しました。
[4] デザイン
  • 先進性と力強さを兼ね備えた外観デザインを採用しました。

【生産工場】

クボタファームマシナリーヨーロッパS.A.S
フランス共和国ノール県ビエルヌ市(ダンケルク行政区)
※工場の概要は http://www.kubota.co.jp/new/2013/131204j.htmlをご参照下さい。


2.開発の背景と狙い


3.今後の予定

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ