次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

家庭菜園用電動式ミニ耕うん機のラインナップを拡充

2014年06月26日

当社はこのたび、低騒音・低振動で快適に作業ができ、取り扱い易く、しっかりした耕うんができる電動式ミニ耕うん機「ニューミディ菜レント(サイレント)」に新モデルを追加し、ラインナップを拡充します。

<ニューミディ菜レントTME20>

【商品名】

クボタ菜園倶楽部
「ニューミディ菜レント(サイレント)」

【発売日】

平成26年7月1日

【販売目標】

2000台

【開発の狙い】

  • 昨今、趣味の家庭菜園や安心・安全な食への関心の高まりにより、ホビー菜園層が増加しており、取り扱いやすいミニ耕うん機のニーズが高まっております。
  • 当社は、初めてミニ耕うん機を扱う方でも、家電感覚で安心して快適に使用できる入門モデルの「ニューミディ菜レント」に、大容量バッテリー・高出力モーターの搭載で、より本格的な作業ができる新モデルを追加。初心者から本格志向の方まで幅広いユーザーの方を対象に、電動式ミニ耕うん機のラインナップを拡充します。

【型式と価格】

型式名 条数 希望小売価格(税込) 備考
TME15 300W(電動) 107,784円 現行機(TME10)のモデルチェンジ機種
TME20 600W(電動) 161,784円 追加機種

【主な特長】

[1] 静かで低振動な電動式(TME15・TME20)

  • モーター駆動で運転音がとても静かなため、住宅地に隣接した畑や庭先でも騒音を心配せずに作業ができます。
  • 手元振動が少なく疲れにくいので、長時間でも快適に作業ができます。

[2] 取り扱いが簡単(TME15・TME20)

<家庭用の電源で手軽に充電>
  • バッテリーはワンタッチで簡単に着脱でき、家庭用の電源で手軽に充電できます。
  • スイッチをオンにすると始動。運転スイッチレバーを握るだけで動き、離すと停止するので操作が非常に簡単です。

[3] しっかり耕うん・簡単にうね立て(TME15・TME20)

  • TME15は耕うん爪に「ナタ爪」を採用し、きれいにしっかりと耕うんができます。
    (耕幅400mm、耕深120mm)
  • TME20は推進力に優れた「楽ラク耕うんロータ」を採用し、本格的な耕うんができます。
    (耕幅550mm、耕深150mm)
  • クボタ独自の「簡単うね立てマット」を標準装備し、手軽にうねが立てられます。

[4] 大容量バッテリーを採用(TME15・TME20)

  • 大容量バッテリーの採用により、1回の充電でTME15は約45分、TME20は約60分の作業が継続できます。

[5] 高出力モーターを搭載(TME20)

  • 600Wの高出力モーターの搭載により、パワフルな作業性能を発揮するほか、各種アタッチメントを装着して様々な作業が行えます。

[6] 速度調整が簡単な「無段変速レバー」(TME20)

  • 前後進無段変速レバーの採用により、作業者の歩く速度や作業に応じてレバー操作で簡単に作業速度を調整できます。また、後進機能があるので、方向転換や取り回しが容易になり、狭いほ場や隅々まで楽に耕うんができます。
<速度調整ができる無段変速レバー(TME20)>
製品に関するお問い合わせ先
アグリソリューション推進部 (TEL:06-6648-3938)

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。