次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

乗用田植機「ラクエルα(アルファ)ライトシリーズ」を新発売
~「簡単操作・省力作業・安心作業」の機能をさらに充実~

2014年06月26日

当社はこのたび、4条植、5条植の乗用田植機「ニューウエルスターポップシリーズ」をモデルチェンジし、「簡単操作・省力作業・安心作業」の機能をさらに充実させた「ラクエルα(アルファ)ライトシリーズ」を発売いたします。

<ラクエルαライトシリーズ ZP45L-AGMF>

【商品名】

クボタ乗用田植機
「ラクエルα(アルファ)ライトシリーズ」(4条植・5条植)

【発売日】

平成26年9月1日

【販売目標】

初年度4000台

【型式と価格】

型式名 条数 希望小売価格(税込)
ZP43L 4条植 1,134,000円~
ZP45L 1,328,400円~
ZP50L 5条植 1,555,200円~

【開発の狙い】

  • 国内農業では農業従事者の高齢化が進行しており、効率良く作業ができ、操作が簡単で安心して作業ができる田植機に対するニーズが高まっています。
  • そのようなニーズに応えるため、現行の乗用田植機「ニューウエルスターポップシリーズ」の特長である「簡単操作・省力作業・安心作業」の機能をさらに充実させた「ラクエルα(アルファ)ライトシリーズ」を開発しました。

【主な特長】

[1] 高い走行性能と作業効率を実現する高出力ガソリンエンジンを搭載

  • 現行機の軽量・コンパクトな機体に、高出力でコンパクトなガソリンエンジンを新たに搭載しました。馬力アップにより、高い走行性能と作業効率を実現します。

[2]1台5役の複合作業による省力化 (一部オプション)

「植付」と同時に「施肥」、「枕地ならし(※)」、「殺菌・殺虫剤散布」、「除草剤散布」の作業を自動で行えます。

  • 調量機能を新装備した「温風ドライミッド施肥機」により、田植機に乗ったままで施肥量を簡単に調整できます。
  • 「ゆう優ロータ(ZP45L/ZP50L)」「ゆう優ワンフロート(ZP40L)」が旋回時の枕地の荒れをきれいに整地するので、補助者の負担を軽減します。
  • 植付けながら「箱まきちゃん」で殺菌・殺虫剤を、「こまきちゃんmini」で除草剤を自動散布するので、作業時間の短縮による省力化が図れます。(オプション)
  • ターン時に車輪が土を掘ることによってできる凹凸を平らにならすこと。補助者が人力で行います。

[3] 各種「ゆう優」機能により操作が簡単

  • レバー1本で発進・停止・前後進・増減速が操作できる「ゆう優シフト」、ハンドル操作だけで簡単に旋回し、植付開始の位置合わせができる「ゆう優ターン」や、後輪独立サスペンションで機体の揺れを吸収し、機体が横ズレしにくく、安定した直進性が得られる「ゆう優フィット」の装備により、操作が簡単で楽になります。

[4] より安心に作業ができる「ワイドステップ」を採用(ZP45L-GM仕様とZP50L)

  • 「ワイドステップ」を採用し、運転席の足周りのスペースを広くすることで、乗り降りや肥料補給等の作業をさらに安心して行うことができます。

[5]あぜごえ作業・トラックの積み下ろしも安心

  • トラックからの田植機の積み下ろし時やあぜを越えて圃場に出入りする際には、①超低速(7cm/秒)の「あぜごえ速度」、②軽い力で機体の前上がりを防ぐ「あぜごえアーム」、③降りたまま発進・停止の操作ができる「あぜごえレバー」の「あぜごえ3点セット」の装備により、作業を安全に行うことができます。また、「緊急停止ボタン」で田植機を緊急に停止できるため、さらに安心です。
製品に関するお問い合わせ先
アグリソリューション推進部 (TEL:06-6648-3938)

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。