次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

シンガポールで日本産米の輸入精米事業の操業を開始、初出荷しました

2014年01月29日

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、会長兼社長:益本康男)の子会社で、シンガポールで日本産米の輸入精米販売を行う「Kubota Rice Industry(Singapore)PTE Ltd.」(以下KRS)は、このたび、操業を開始し初出荷を行いました。
香港で2012年から営業を開始した「久保田米業(香港)有限公司」では、設立当初、新潟県の農家の方からお米を集荷し販売しておりました。現在、集荷地域は山形、秋田などに拡大しております。
今回、KRSで初出荷したお米は熊本県産米で、当社グループの日本農家支援のための日本産米輸出拡大の取り組みに賛同いただいた熊本県庁とJA熊本経済連と提携し、平成25年産米から取り扱いを開始することになりました。
また、初出荷した熊本県産米は、シンガポールにて1月16日から開催された「くまもとの宝トップセールス」で販売されました。
クボタグループは、今後とも海外での日本産米の輸入精米販売事業を拡大し、日本農業の大きな課題である農産物の輸出拡大を支援していきます。

【KRSの精米施設】
【熊本県産米をPRする熊本県の蒲島知事とくまモン】
写真提供:熊本県庁

<ご参考> クボタグループの日本産米の輸入精米販売会社

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。