次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

しっかりと耕うん、うね立て作業も簡単にできる家庭菜園用のミニ耕うん機を発売

2014年01月15日

当社はこのたび、しっかりと耕うんでき、うね立て作業も簡単にできる家庭菜園用ミニ耕うん機のエントリーモデル「菜ビStyle(ナビスタイル)」を発売します。

<菜ビStyle TRS30-D>

商品名

クボタ菜園倶楽部 「菜ビStyle(ナビスタイル) TRS30」

発売日

平成26年1月1日

販売目標

初年度 5,000台

開発の背景と狙い

  • 安心・安全な食への関心の高まりや定年者の帰農、市民農園の増加などにより、ホビー菜園層が増加傾向にある中、初心者でも扱いやすいミニ耕うん機のニーズが高まっています。
  • 当社はこのたび、タイヤ付きで扱いやすく安定した作業ができる小型ロータリ専用機「ニュー菜ビ」をモデルチェンジした「菜ビStyle(ナビスタイル)」を開発しました。
  • 従来機よりも作業性、操作性や扱いやすさを向上させ、クボタ菜園倶楽部の統一コンセプトである「しっかり耕うん」「カンタンうね立て」を進化させた家庭菜園用ミニ耕うん機のエントリーモデルとして発売します。

型式と希望小売価格

<簡単うね立てマット>
型式 最大出力 税込価格
(消費税5%表示)
税抜価格
TRS30 3.0馬力 149,940円 142,800円
TRS30-D 159,600円 152,000円
TRS30-US 168,840円 160,800円
TRS30-USD 178,500円 170,000円

※型式の「US」はロータリカバー開閉仕様、「D」はデフ(ロック付)仕様

主な特長

1)耕うん性能を向上

  • 従来機と比べて耕うん性能をアップしました。140mm(従来比20㎜増)まで深く耕うんできるので、にんじん、ごぼうなどの根菜類の畑づくりにも適しています。
  • 新しいロータリの採用により耕幅が450㎜(従来機比30㎜増)になり、幅広く耕せるので、作業効率が向上しました。

※ロータリとは土を耕す回転部分のこと。

2)うね立て性能を向上

  • 標準仕様には、新しい形状の「簡単うね立てマット」を採用し、より大きなうねが立てられるほか、本体と一体式で着脱作業が不要になりました。
  • ロータリカバー開閉仕様はロータリのサイドカバーを開き、ロータリを逆転させれば土を跳ね上げてうねを立てることができます。カバー開閉の角度でうねの高さ調節も可能です。また、新しい耕うん爪の採用により、従来機や標準仕様機よりも更に大きなうね立てができます。

3)作業性、操作性、扱いやすさを向上

  • 左右のタイヤの回転数を調整できるデフ仕様は、ハンドル手元のレバーを「旋回」にすると楽に旋回でき、「直進」にすると直進性が高まり、安定した耕うん作業ができます。
  • 残量がひと目で分かる燃料タンクやハンドル折りたたみ機構、ロープ掛けフックと便利な機能を追加しました。
製品に関するお問い合わせ先
農機事業推進部(TEL:06-6648-2101)

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。