次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

お知らせ

M108Wトラクタのリコールについて

リコール届出番号 4170
リコール開始日 平成30年1月22日

日頃は弊社製品をご愛用いただきありがとうございます。
この度、M108Wトラクタのご愛用車につきまして、平成30年1月19日に下記内容のリコールを国土交通省に届け出いたしました。
ご愛用の皆様にはご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが、ご購入先からご案内させていただきますので点検・修理(無償)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

平成30年1月19日
株式会社クボタ

リコール概要

1. 不具合の状況

農耕トラクタの制動装置において、マスタシリンダの設計が不適切なため、ブレーキオイルのエア抜き作業をした際、サークリップにロッドが接触し、サークリップが変形して、ピストンが戻ることができず、ピストンがリリーフポートを塞ぐことがある。そのため変速機等の熱により、ブレーキオイルが膨張した際、配管内の圧力が上昇しブレーキオイルがリリーフポートからリザーバーに戻ることができず、ブレーキが引きずるおそれがある。

2. 改善措置の内容

全車両、以下の作業を実施する。
サークリップを確認し、変形している場合は、マスタシリンダを対策品に交換する。変形していない場合は、サークリップを新品に交換のうえ、取付方向を、適切な方向に変更する。

3. 対象車両

車 名 型 式 通称名 対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
対象車の台数 備 考
      合 計 779  
クボタ EDR-SMF 「M108W」 SMF-60001~SMF-60601, SMF-60603~SMF-60780
平成22年10月18日~平成25年10月23日
779  

ご愛用の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしましたこと、心からお詫び申し上げます。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。